Column

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31


健大高崎・青柳博文監督と赤堀 佳敬コーチ※写真は2021年取材時のもの

皆さん、こんにちは!! 『高校野球ドットコム』の河嶋です!

今年のセンバツは、健大高崎の初優勝で幕を閉じました。決勝で対戦した両校は、取材でもお邪魔したことのある学校。感慨深いものがありました。じつは、この2校が共通している点があります。それは、「指導者が分業しながら、チーム作りをしているところ」です。
かつての高校野球は練習メニュー、選手への指導、生活指導など監督が全権を握る体制がほとんどだったといいます。その方針からいち早く脱したのが優勝した健大高崎でした。

健大高崎の青柳監督はサラリーマン経験を活かし、コーチに任せるスタイルに

健大高崎は2011年夏に甲子園初出場を果たしました。当時のチームは「機動破壊」を掲げ、機動力をウリとするスタイル。きっかけは2010年夏に140キロ台の投手を複数揃え、ホームランも打てる打者を揃えながらも夏の群馬大会に敗れたこと。甲子園に行くために、走塁を徹底強化することになりました。

「日本一走塁意識の高いチームに」するために、健大高崎の挑戦が始まりました。その走塁技術、戦術を叩き込んでいたのは、青柳 博文監督ではなく、葛原 毅コーチでした。他のチームにはない高度な走塁、戦術で相手を翻弄し、2012年にはセンバツベスト4、2014年夏の甲子園でもベスト8。甲子園に出場すれば、上位進出をはたせるようになります。当時から青柳監督は多くの指導スタッフを揃え、専門分野をコーチたちに任せる方針でした。
「コーチがたくさんいて、今は5人いますが、自分が全部やるのではなく、色んな意見を聞きながら、自分の持ち場をしっかりやる。会社のような運営をやっています。自分は部長みたいな役割ですね」(青柳監督)

青柳監督は東北福祉大卒業後、10年間のサラリーマン経験があります。それが今の組織運営に生かされていると語ります。
「色んな会社にいたのですが、良いものを仕入れて、良いものを生産する。適材適所の人材配置を行う。これは野球部にもつながるなと思い、健大高崎の教員になったあと、学校にお願いして、コーチを増やしてもらいました」

現在の指導者陣の役割についても語ってもらいました。
「生方部長は投手を見ています。赤堀コーチはスカウティングを担当し、打撃の指導を行っています。小谷コーチは選手として「機動破壊」を学んできたОBで、走塁、戦術を指導しています。教え子の宮嶋コーチは下級生やBチームを見ています。トレーナーは週1,2回来てもらっていて、来校する日は全部メニューを任せてもらっています」

生方啓介コーチ※写真は2013年取材時のもの

健大高崎はコーチ陣のスタイルが色濃く出るチームです。葛原コーチがいた時代は走塁に特化したスタイル。葛原コーチの父である葛原 美峰氏がアナリストとして、相手チームの分析を行うことで、緻密なチームを作り上げました。
現在は強力打線が大きな武器となっています。打撃については、盛岡大附のコーチ時代に打撃理論を学んだ赤堀 佳敬コーチの指導で、スラッガーを多く育成しました。

健大高崎の歴史を振り返ると、カリスマ性のあるコーチが選手の実力、チーム力を底上げしていました。
これはコーチの分業がしっかりしているNPBに近い運営かもしれません。自身は黒子に徹し、組織運営を行う青柳監督のスタイルは、今回の優勝でより主流になっていくと思います。

葛原 美峰氏※写真は2017年取材時のもの

次のページ:名門・報徳学園も指導方針を転換。6チーム編成で練習メニューを組む

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.30

【福岡】大牟田、九州国際大付、自由ケ丘、九産大九産が8強入り、31日は福岡大大濠-西日本短大附<春季大会の結果>

2024.03.31

健大高崎・石垣元気が150キロ! 高校2年投手の150キロ超えは安樂以来、11年ぶり!【2024年センバツ 140キロ超え投手一覧】

2024.03.30

【高知】明徳義塾が激戦を制して優勝<春季大会の結果>

2024.03.31

【岐阜】岐阜各務野が県大会出場へ<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.25

阿南光の吉岡が14K無四球完封で初の8強入りに導く、熊本国府の反撃実らず

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】