Column

中学時代の恩師が語るDeNA2位・徳山壮磨の野球ノートから見えた高い意識

2022.01.15

中学時代の恩師が語るDeNA2位・徳山壮磨の野球ノートから見えた高い意識 | 高校野球ドットコム
早稲田大・徳山壮磨(大阪桐蔭)

中学時代の恩師が語るDeNA2位・徳山壮磨の野球ノートから見えた高い意識 | 高校野球ドットコムあわせて読みたい
スローガンは「一意専心」タイガース杯連覇の強豪ヤングが取り組む「心」の教育とは?
中学時代の恩師が語るDeNA2位・徳山壮磨の野球ノートから見えた高い意識
DeNAドラ2・徳山壮磨の後輩に最速138キロの快速中学生!大先輩との共通点とは?

 プロ野球界は新人合同自主トレがスタートし、各チームで新人選手たちがプロ野球選手としての第一歩を踏み出した。

 セ・リーグ最下位からの巻き返しを図るDeNAで、即戦力として大きな期待をされるのが、2位指名を受けた早稲田大の徳山 壮磨投手(大阪桐蔭出身)だ。大阪桐蔭時代は、エースとしてセンバツ甲子園優勝の原動力となり、早稲田大学時代もリーグ戦通算39試合に登板し、計9勝を挙げる活躍を見せた。

 名門を渡り歩いた右腕に、ルーキーイヤーからの活躍に期待が膨らむが、投手としての基礎が作られたのは、中学野球での3年間といっても過言ではない。兵庫夢前ヤング時代の恩師・浄徳一智監督は、現在の活躍ぶり思わず目尻を下げ、中学時代の成長を振り返る。

「入団した時は、特に目立つ選手という訳ではありませんでした。小学校の時はソフトボールをやっていて、体は大きくなるかなあという感じで見ていましたが、あまり記憶にないのが実のところです。ですが、学年が上がるごとにどんどん成長していき、終わってみればとても良い投手になっていましたね。中学3年間の中で、大きく成長した投手です」

 浄徳監督が、成長の一番の要因に挙げるのが、野球ノートへの取り組み方だ。
 チームでは日々の成長をノートに記すように指導しているが、徳山の取り組む姿勢は、他の選手と一線を画すものだったという。

「野球ノートへの取り組みは、内容が他の選手と違っていました。文字数の多さだけでなく、どうすれば上手くなれるか真剣に考えていて、意識の高さを感じました。もちろん体の成長もありますが、そこが大きく成長した一番の理由だと思っています」

 高校、大学での活躍の土台となった「考える」習慣。兵庫夢前ヤングでの3年間なくして、今の徳山はなかったかもしれない。捲土重来(けんどちょうらい)を図るDeNAの救世主となるか、ルーキーイヤーの活躍に注目だ。

(記事=栗崎 祐太郎

中学時代の恩師が語るDeNA2位・徳山壮磨の野球ノートから見えた高い意識 | 高校野球ドットコム
兵庫夢前ヤング・浄徳一智監督

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.18

今年の埼玉はプロ注目左腕2人が牽引! WBC優勝戦士の弟にも注目!夏を盛り上げる17人の好投手たち【埼玉注目投手リスト】

2024.06.18

【大分】19日に抽選会!大本命の明豊に、大分舞鶴、津久見、佐伯鶴城らが迫る<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.18

【宮崎】19日に抽選会!本命なき戦いか、投手の延岡学園、打の宮崎商が大会をリード<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.18

【佐賀】伊万里が優勝<西北部地区大会>

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.13

圧倒的馬力! 鹿児島実の151キロ右腕・井上 剣也の実力を徹底分析!ライバル・神村学園を翻弄する投球術を身に付けられるか?<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.06.13

戦国千葉の組み合わせが決定!専大松戸のブロックに八千代松陰、市立柏ブロックに木更津総合、流通経済大柏と激戦ブロックが続出!【2024夏の甲子園】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得