2017年09月09日 住之江公園野球場

大塚vs久米田

2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選 1回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

大塚が序盤の集中打で快勝!今夏の雪辱を果たし2回戦進出

 今夏1回戦の再戦となった公立有力校同士の対戦は、大塚が6対1で久米田に快勝し2回戦進出を決めた。

 大塚の永島 優汰(2年)、久米田の森下 翔矢(2年)は、いずれもノーワインドアップの右上手投げだが、投球内容は対照的な二人だった。大塚の永島は、直球中心ストライク先行で押していくタイプ、久米田の森下は、変化球中心でボール球も使いながら配球を組み立てるタイプである。

 試合が動いたのは3回表。序盤ではあるが結果からすればここが勝負所だった。2巡目に入った1番・上野 颯太(2年)が右中間三塁打で出塁すると、3番・津島 良丞(2年)が適時打で返し、まずは1点。しかし攻撃はここで終わらなかった。続く4番・小原 海斗(2年)の中安と四球で満塁の好機を作ると、二死から7番・辻岡 海斗(2年)が2-0から左中間を深々と破る走者一掃の適時三塁打を放ち、一挙4点を先制した。

 対する久米田は4回裏、先頭の3番・永田 海斗(2年)が右安で出塁するが、4番・浜崎 和希(2年)は強打に出て併殺打。二死から5番・和田 瑛大(1年)、6番・森本 大陸(2年)の連打で二死二、三塁と再び好機を迎えるが、7番・藤井 伶央(2年)が空振り三振に倒れ、得点には結び付かなかった。この3回表、4回裏の攻防が、最終的な得点差を象徴している。

 終盤に入って大塚は7回表、4番・小原が高めに浮いた球を逃さず振り抜き、少し上がりすぎた打球ではあったが、両翼90メートルの球場に味方されたこともあり、柵越えの本塁打となって1点、8回表には、久米田の2番手・右横手投げの川端 隆一(2年)から、1番・上野が適時三塁打を放ちもう1点を追加する。

 久米田打線も沈黙していたわけではなく、8回裏には8番・菅野 雄太郎(2年)、1番・古家 拓真(2年)の短打で一死一、三塁の好機を作るが好守に阻まれ無得点。9回裏は、先頭の4番・浜崎が中軸らしい力強い打球で出塁すると、一死から6番・森本も中安で続き一、二塁。続く7番代打・川崎 翔真(3年)の打球は一ゴロ、これを捕球した一塁手がまずベースを踏んで二塁へ送球したが、これが走者と重なって悪送球になってしまい、その間に二塁走者が生還して、土壇場で1点を返すが反撃もここまで。

 攻撃面では、序盤の集中打と終盤の着実な追加点、守備面では、永島によるあわや完封の好投と、8回裏、9回裏の反撃を断ち切った遊撃手・近藤 翔太(2年)の好守などで失点を最小限に食い止めた大塚が、良い試合内容で今夏の先輩たちの雪辱を果たした。

(文=西村 結生)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大阪桐蔭が大塚を圧倒し準決勝進出!【秋季大阪府大会・3日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
【大阪】豊中が上宮太子を破り2009年夏以来の3連勝!4回戦5試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
大塚vs清教学園【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
久米田vs泉陽【大阪府 2017年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
久米田vs堺【大阪府 2016年秋の大会 平成28年度 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪商大高vs大塚【大阪府 2015年秋の大会 平成27年度 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第244回 府立大塚高等学校(大阪)【後編】【野球部訪問】
第243回 府立大塚高等学校(大阪)【前編】【野球部訪問】
第168回 【第97回大阪大会展望】大阪桐蔭vs履正社以外の好カードは?大阪大会の見所、好カードを紹介!【大会展望・総括コラム】
履正社vs大塚【大阪府 2015年春の大会 平成27年度春季近畿地区高校野球大阪府予選】
第1回 2015年の高校野球を占う【大阪編】大阪桐蔭と履正社の2強体制を止めることができるか【大阪府の大会展望・総括コラム】
第39回 府立久米田高等学校(大阪)【僕らの熱い夏2013】
大塚 【高校別データ】
久米田 【高校別データ】
平成29年度 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

大阪府地域応援スポンサー

大阪府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る