ドラフト候補右腕・山本隆広(関西大学)。今は我慢の時

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.04.08

 関西学生野球が昨日開幕しました。


 第1週で登場する4チームのうち、今シーズンのドラフト候補として名が挙がるのが、関西大学の山本 隆広投手(4年・桜宮)、立命館大学の山上 大輔投手(4年・立命館宇治)、辰己涼介外野手(4年・)です。

 山上投手はこの日6安打11奪三振、無四球で2失点完投。辰己選手は初回にヒットを放つなど、4打数2安打の成績でした。



山上大輔投手(4年・立命館宇治)

 大学日本代表の常連でもある辰己選手は、「チームメートの4年生が就活(就職活動)をしていますが、自分にとっては野球が就活。神宮へ行くことがアピールに繋がるので頑張りたいです」と試合後に話してくれました。この日の2安打で1年時から積み重ねた安打数は85。「春のリーグ戦で100安打にすることが目標。秋に(リーグ記録の)123安打までいきたい」と抱負を語りました。大阪桐蔭藤原 恭大選手など俊足の外野手が多いですが、辰巳選手も負けてはいません。



辰己涼介外野手(4年・社)

 山上投手も先輩の東 克樹投手(DeNA)から「プロに来いよ」と発破をかけられていたそうで、「プロ一本です」と目標を話します。今季からスライダーをカットボールに変えるなど投球の引き出しを増やしています。

【次のページ】 ドラフト候補右腕・山本隆広(関西大学)は?


【関連記事】
大学選手権組み合わせ決定 【ニュース - その他】
関西の大学野球でデビューした注目の1年生4選手! 【ニュース - その他】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る