試合レポート

【春季埼玉県大会】昌平が接戦の末、4失策の春日部共栄を破り関東大会へ!

2024.05.05


【トーナメント表】春季埼玉県大会 結果一覧

<春季埼玉県高校野球大会:昌平4-2春日部共栄>◇4日◇準決勝◇県営大宮
県営大宮球場の第2試合はAシード・昌平vs春日部共栄という東部地区のライバル対決。

先発は春日部共栄がエースの保坂 優大(3年)、一方の昌平は背番号11のMAX140km左腕・古賀 直己(3年)が登板し試合が始まる。会場の雰囲気からか、はたまたAシードを前にしたからか、春日部共栄の守備が試合序盤から乱れる。

先制したのは昌平であった。

2回表、一死から5番・園田 耀大(3年)がライト越えの二塁打を放ち出塁すると、さらに相手ワイルドピッチで二走・園田は三塁へと進む。続く渡辺 暁斗(3年)はピッチャーゴロに倒れ、三走・園田は挟まれてしまう。だが、ランダウンプレーの間に送球を受けたサードがボールをこぼし昌平がやや幸運な形で先制する。昌平はさらに7番・古賀が四球を選ぶと続く石川 来夢(3年)もサードゴロエラーで出塁し一死満塁のチャンスを得るが9番・諏江 武尊(2年)は併殺に倒れ1点でこの回の攻撃を終える。

昌平は、3回表にもこの回先頭の白坂 寛(3年)が左中間への二塁打を放ち出塁すると、一死後、3番・山根 大翔(3年)がライト前タイムリーを放ちまず1点、さらに山根はすぐさま二盗を決めると続く櫻井 ユウヤ(2年)もレフト前ヒットを放ち一死一、三塁とする。ここで5番・園田はレフトフライに倒れるが今度はレフトが落球し3点差となる。昌平はさらに続く平野 孝耶(3年)が死球で出塁し一死満塁とするが後続が倒れ2点でこの回の攻撃を終える。

優位に立った昌平は5回表にも一死から5番・園田がレフト越えのソロ本塁打を放ち早くも4点差をつける。

5回までに3失策が失点に絡むなど良い所のなかった春日部共栄だが
「このまま終わったら夏につながらないよ。後半は夏に繋がる試合をしよう。俺を楽しませてくれるんじゃなかったの?」
と、本多監督が選手達に発破をかけると
「楽しませます!」
とは選手達。これに応えようと6回以降反撃を開始する。

春日部共栄は7回裏、二死から6番・高田 憲志(3年)がライト前ヒットを放ち出塁すると、続く坂寄 孝太(3年)が三塁線への二塁打を放ち二死二、三塁とする。

対する昌平はこれまで無失点と好投していた先発・古賀の足が攣るアクシデント。昌平ベンチは古賀を諦め2番手に今大会好調の鈴木 耀斗(3年)がマウンドに上がる。

春日部共栄昌平・鈴木耀の代わり端を攻め、8番・野口 流維(3年)がセンター前タイムリーを放ち1点を返す。

春日部共栄は8回裏にもこの回からマウンドに上がった昌平の3番手・山根に対し、一死から2番・三田村 幸輔(3年)が四球を選び出塁すると、続く佐藤 隆成(2年)の所で春日部共栄ベンチはエンドランを仕掛ける。これが見事に決まり一死一、三塁とチャンスを広げる。二死後、山崎 朝陽(3年)がレフト前タイムリーを放つが続く高田の一、二塁間のヒット性の打球をセカンドに好捕され万事休す。

結局、Aシード・昌平が4対2と春日部共栄を接戦の末破り、夏のAシードと関東大会出場を決めた。
まずは春日部共栄だが、この日はエラーが全てであった。
「(4失策に)話にならない。ただ起用しているのは監督だから監督のせい。選手達は成長している。大野は肘と肩の張りで回避した。課題は明確にわかった。昨秋県初戦敗退のチームがここまで来た。厳しくやってきたことで少し力がついてやれるかなと思った選手達がこの日弱さが出てまだまだだなっていう成長過程。あとは精神面の部分。エラーが出ても崩れなくなったがそもそもエラーをしないこと。この会場の雰囲気でも楽しめばいい。楽しめないから勝てない。ただ、力がないと楽しめない。前半このまま終わるかなと思ったが少し反撃できた。一冬を越して力をつけてきた選手も出てきた。ここからあと2ヶ月でさらにどこまで力ををつけるか」
と、本多監督は4失策を嘆きつつも選手達の成長に期待している。粘りを見せたが、如何せん序盤の3失策が重すぎた。幸い実質のエースである2年生左腕・大野はこの日登板していない。まずは4強まで上がってきた収穫と上がってきたからこそ見えた課題。夏は選手達が個々の課題を克服しさらに上を目指す。

一方の昌平は初戦からやや厳しい山に入ったこともあり、今大会結局、一回も打線が爆発することなく決勝へと進んだ。粛々と大人の戦い方であった。
「古賀は調子が上がってきていたんで先発させました。簡単に足が攣るのはいただけませんが。8回佐久間のプレーは大きかった。佐久間は秋メンバーに入れず冬の努力で春のメンバーを勝ち取った選手。そういう選手にああいう打球が飛ぶんだなと。相手がしっかりしていると大味な展開になかなか持ち込めない。それでも大きなミスをせずに来れたので関東大会を決めることができた。良い部分と悪い部分をしっかり整理して関東へ臨みたい。課題も多いが、秋の悔しい思いを胸に選手達がしっかり冬の間努力した結果が関東大会という形に現れた。序盤畳み掛けられなかったことは選手達もわかっている。わかっているが故に苦しんでいる」(岩崎監督)
と、意に介していない。それでも勝ち上がれるのは一重に投手陣の力だ。さらにこの日は8回裏に途中出場のセカンド・佐久間がチームを救った。ただし関東大会では打線の力なしに戦えない。エース石井が本調子ではないのも気になるが、関東大会では打線の爆発に期待したい。

【トーナメント表】春季埼玉県大会 結果一覧

 

この記事の執筆者: 南 英博

関連記事

5 Comments

  1. 名の前

    2024-05-10 at 12:05 PM

    本多監督おもしろいこと言うね
    またそれに素直に答えた君達には拍手だ!

  2. 萎澤亜淑香

    2024-05-10 at 12:56 PM

    夏につなげてね

  3. 萎澤亜淑香

    2024-05-10 at 1:51 PM

    本多監督おもしろいこと言うね

  4. 須田和城の父親は逮捕歴有りの覚醒剤、強姦の常習者

    2024-05-10 at 1:56 PM

    失策は禁物
    敗因のもとを作るのは違うよ

    おま(Error)えらー!と監督言わなかった?(笑)

  5. 稲垣雅史、千夏夫妻(千葉県鎌ヶ谷市から)

    2024-05-23 at 1:59 PM

    保坂優大君は八潮八幡中学校、野口流維君は長瀞中学校(兄の中学校3年時の担任が赴任された)、高田憲志君は川口八幡木中学校、平尾拓翔君は上尾大石南中学校、稲垣大和君は久喜東中学校、佐藤隆成君は春日部飯沼中学校を卒業したね。
    埼玉県の球児は光ってるから、あえて県外なんかに目を向けなくても共栄なら集まるよ。
    でも試験は難しいからな、オール5は確実、五四(ごし)運動でも入れるか?
    3があるのでは🙅‍♂️🙅‍♀️
    文武両道が文部両道になるよな

    娘は流通経済大学法学部ビジネス法律学科に在籍、二年生だよ。新松戸まで毎日

    流通経済大学も強さは前はあったが、今回のリーグ戦では(緊張の)糸がきれたように負け込んでしまい🤦
    春日部共栄も続いていた県大会初戦敗退を今回は拭えたからね。しかし課題は守備面、本多監督も前に1試合6失策の公式戦の後に部員らに、
    「お前らもうやめてくれ!OB達に申し訳ない」
    と鼓舞したあと、グラウンド内にある優勝の記念碑の前に正座をさせた、との話も。
    本多監督ならやりかねないな(笑)
    昔のね
    まあ春日部共栄、エラーは試合を崩すもとにもなる。一人がずれたら連鎖するのも野球というスポーツ、練習試合に試験、7月の大会と予定はあるがこなしてくださいな。
    私は応援しています
    あと娘も

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.24

【関東】25日に準決勝、2戦6発の帝京の打棒が響き渡るか<春季地区大会>

2024.05.24

【岩手】25日に準決勝、6大会連続V狙う花巻東に、創部初4強の水沢商が挑む<春季県大会>

2024.05.25

【宮崎】日章学園、宮崎北、宮崎商が県大会へ、出場校が出揃う<県選手権大会地区予選>

2024.05.24

春季近畿大会注目選手17人! 智辯和歌山の大型右腕、大阪学院大高の全国トップレベル遊撃手、天理のスラッガーコンビら逸材がこぞって出場!

2024.05.25

【長崎】長崎北、長崎日大、創成館などが勝利<NHK杯地区予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商