阪神タイガース・藤川球児投手が語る「探究心に対応するグラブ」とは

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.05.31

 舞台は甲子園に始まり、アメリカ、高知。そして昨年からは再び甲子園へ。プロ18年目を迎え、代名詞の「火の玉ストレート」に円熟味が加わった藤川球児投手。常に探究心を忘れない剛腕を助けるのは「ザナックス」のグラブだ。

探究心に対応する「ザナックス」のグラブ

――今年のザナックスのテーマは「make the Dif・fer・ence “違い”を創れ」ですが、藤川投手は「どんな練習をするか」が違いを生み出すと考えていますか?

藤川球児投手(以下、藤川):周囲のみんなと同じことをして成功するケースって、ほぼないんですよ。もちろん、先輩から教えてもらうこともあるでしょうし、いろんな本を読んで勉強することもある。自分も新しいやり方を取り入れることはあるんですが、そういった多くの練習法のなかから自分に合った正解を導き出してやっている選手が成功するんじゃないかと思うんです。

 今のプロ野球界でいうのならランニングを減らして、ウエイトトレーニングに重要性を置くっていう考え方がありますけれど、それが合う人もいるだろうし、僕みたいにそれは違うと思う人もいる。どちらにしろ、自分の流儀を持って安易に流されないことが大切だと思います。

――NPBに復帰して2シーズン目を迎え、藤川投手は今季から2005年のリーグ優勝や2007年、2011年の最多セーブを獲得した時の背番号「22」を付けることになりました。

藤川:この番号に戻ったので、ある程度は「集大成と言えるようなものを見せなければいけないな」と感じています。

――「変わった」というキーワードで言えば、今季はグラブも変えており、昨季までの 縦に閉じるようなタイプのものから、横に閉じるようなタイプのものに改良をしていますね。

藤川:グラブを変えたことで、ピッチングフォームもガラッと変わるんですよね。道具とフォームは連動しているので。今はまだどういうフォームに仕上がるか自分でも分からないですけれど、楽しみながら変えていけたらいいですね。そして、フォームを変えることで「ピッチングにも変化をつけていければな」と思っています。

――さらに、そのグラブには刺繍も入れられている。

藤川:今シーズン使っているグラブには「不動心」という刺繍をしているのですが、日常生活のなかで、そういう言葉を意識しながら過ごすのはすごく難しいんですよね。でも、グラブに文字を入れると、いつでも目に入ってくるんですよ。こうして自分が志す気持ちを示しておけば、もちろんマウンドに上がっている時も目を通すことができますから、この刺繍を見ることで精神状態を強く保つことができるかなと思っています。

――そんな藤川投手には野球用具に求めるポイントがある。

藤川:やっぱり「使いやすさと持続性」です。グラブなら、馴染んできても、へたらずにしっかりと同じ形をキープして、1年以上使えるようなグラブが良いと思います。その点、ザナックスのグラブは長く使えますし、他のブランドと違って変化をつけやすい。

 だから、ただのプロ選手のモデルで満足することなく、自分流のグラブ、自分のパフォーマンスが最も発揮できるグラブが欲しいのなら、どう考えてもザナックスしかないと思います。僕もザナックスのグラブで今年一年を戦っていきますので、2017年も応援よろしくお願いいたします。

藤川投手が愛用するグラブ情報はこちら
ザナックスのグラブ情報

【関連記事】
山川、多和田(西武)もOB!!交流戦の富士大対決に注目! 【ニュース - 高校野球関連】
歳内 宏明投手(阪神タイガース)ケガ、そして「2011年3月11日」を超えて到達した最後の夏 【ニュース - コラム】
第56回 歳内 宏明【後編】「深い想い」を胸に、復活のマウンドへ【恩師が語るヒーローの高校時代】
第55回 歳内 宏明【前編】「他者評価に変わった」魂のエース【恩師が語るヒーローの高校時代】
第54回 秋山拓巳【後編】「大化けの理由は目的の明確化」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第54回 秋山拓巳【前編】人生を変えた『2年夏の一戦』【恩師が語るヒーローの高校時代】
第119回 【小関順二のドラフト指名予想】阪神タイガース編 「ドラフト戦略の基本理念は『フルスイング』だ!」【ドラフト特集】
第584回 阪神タイガース・青柳 晃洋投手「制球力向上に必要なのは"再現性の高いフォーム"」【後編】 【2017年インタビュー】
第552回 阪神タイガース・青柳 晃洋投手「"クオータースロー"誕生秘話」【前編】 【2017年インタビュー】
第503回 広島東洋カープ 赤松 真人選手(平安出身)「赤松 真人選手が語る!グラブはイチロー選手と同じモデルの理由」【後編】 【2017年インタビュー】
第502回 広島東洋カープ 赤松 真人選手(平安出身)「教えて赤松 真人選手!『まずは外野守備に興味を持とう!』」【前編】 【2017年インタビュー】
第498回 小野 泰己投手(折尾愛真-富士大)「『一歩ずつ』を大事に、聖地・甲子園で花開かせる」【後編】 【2017年インタビュー】

コメントを投稿する

次の記事:
実力拮抗の沖縄を勝ち抜き、甲子園の切符を掴むのはどこだ!?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る