News

東京六大学でU-18日本代表ルーキーたちが存在感! 慶應・丸田、早稲田・安田(日大三)&高橋(仙台育英)、立教・小林(広陵)らが躍動

2024.04.17


丸田 湊斗外野手(慶應義塾大)

昨年、U-18ワールドカップで初優勝を成し遂げた高校日本代表。先に開幕した東都リーグでは、東恩納 蒼投手を始めとするルーキーが早くから躍動したが、六大学リーグでも1年生ながらベンチ入りする選手も多く、世界の頂に立った実力者たちが存在感を発揮している

早稲田大に進学した安田 虎汰郎投手(日大三)、高橋 煌稀投手(仙台育英)は開幕戦で揃ってデビューを果たした。特に安田は1勝1敗で迎えた3回戦でも8回に登板し、1イニングを無失点に抑える好投。史上初となるルーキーが開幕カードで2勝をあげる活躍を見せ、チームに勝ち点をもたらした。期待の両右腕だけでなく、高橋とバッテリーを組んだ尾形 樹人捕手(仙台育英)もベンチ入りするなど、フレッシュな顔ぶれが並んだ。早稲田大の未来を担う存在に期待したい。

野手では3年夏の甲子園優勝の原動力となった慶應大の丸田 湊斗外野手(慶應義塾)が2回戦に代打で出場。当たりはよくなかったものの、50メートル5.9秒の俊足で初ヒットを記録した。さらに、立教大でも高校日本代表で主将としてチームを牽引した小林 隼翔内野手(広陵)が2試合連続で途中出場を果たしている。高校時代に見せた活躍を大学野球界でも見せることが出来るのか注目だ。

東都大学リーグに続き、昨年の高校日本代表選手たちが早くも結果を残している。世界を制した世代が今後どのような活躍を見せるのか。注目のルーキーたちから目が離せない。

〈関連記事はこちら〉

昨年のU-18日本代表全20名の進路が決定!プロ5人、大学12人、徳島商の149キロ右腕・森はNTT東日本、左サイド・矢野は関西独立リーグへ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.16

涙の甲子園デビューから大きくレベルアップ!前橋商の192センチの剛腕・清水大暉は、高速スプリットで群馬県大会19回1失点、22奪三振の快投!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.05.16

【2024年春季地区大会最新状況】全道大会は出場校決定、関東と東海は18日に開幕

2024.05.16

U-18代表候補・西尾海純(長崎日大)、甲子園で活躍する幼馴染にむき出しのライバル心「髙尾響には負けたくない」

2024.05.16

【秋田】夏のシードをかけた3回戦がスタート、16日は大館鳳鳴などが挑む<春季大会>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.13

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?