第60回 星槎学園高等部湘南校 福冨洋祐監督2011年02月19日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

記念すべき第60回独占インタビューは星槎学園高等部湘南校の福冨洋祐監督です。
福冨さんは今春から創部される星槎学園高等部湘南校硬式野球部の監督に就任した情熱あふれる若き指揮官。
今春からスタートする星槎学園高等部湘南校硬式野球部に注目です。
(4月に加盟申請を出して承認されたのち大会に出場予定)


情熱あふれる指揮官のもと、今春から野球部が始動

ノアの箱舟を模した大磯キャンパス

 神奈川の強豪・桐蔭学園高から、東洋大野球部に入部。
 大学でも表舞台で輝き続けるつもりだったが、思うようにいかなかった。
 3年秋にヘルニアを患い、選手から学生コーチへの転向を自ら決断した。
「選手としての挫折を味わったからこそ、今の指導者としての自分がある」と話す福冨洋祐監督は昨年6月、神奈川の星槎学園高等部湘南校野球部監督に就任した。

 “監督就任”といっても、まだ野球部は始動していない。
 活動は今年4月から、公式戦は秋からの出場予定となる。
「高校野球の監督になることをずっと目指してきたので、この話をいただいた時は嬉しかったですね。野球の上手い下手ではなくて、全力を尽くす大切さをまずは伝えていきたいです。」

 福冨監督は、これまで神奈川大附高で3年間、その後、母校・東洋大野球部でも3年間、コーチとして指導に当たってきた。

 夏の神奈川大会では「初戦突破」を目指して練習をしていた神奈川大付高。
それとは対照的に、指導に携わってきた中でリーグ優勝6回、大学日本一4回を経験した東洋大。
技術レベルは全く違うが、どちらも、福冨監督にとっては貴重な指導経験となっている。

このページのトップへ

【次のページ】 星槎学園高等部湘南校 福冨洋祐監督(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

西村健太朗
福冨洋祐監督
  • 生年月日:1981年6月2日
  • 出身地:東京都
  • 桐蔭学園-東洋大学 卒
  • 東洋大学卒業後、神奈川大付高で3年間コーチを務める。
    その後、母校である東洋大学で3年間コーチとして指導。
    昨年6月に今春より始動する星槎学園高等部湘南校野球部監督に就任。
【関連記事】
第702回 【北神奈川展望】北神奈川は序盤から好カードが続出!各ブロックの見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第706回 茂木栄五郎 理想のバッティングは『フライとライナーの中間』【後編】 【2018年インタビュー】
第704回 茂木栄五郎「長打をより多く打つ。それが自分の生きる道だった」【前編】 【2018年インタビュー】
第60回 横浜と東海大相模の2強を桐光学園と慶應義塾が追い平塚学園、横浜隼人等も追随【神奈川・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第3回 南神奈川、北神奈川はどちらも熾烈!【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第585回 【神奈川展望】今年関東開催の神奈川!関東大会を目指した今大会は例年以上の激戦!【大会展望・総括コラム】
第491回 神奈川大会をさらに楽しむには?各ブロックの見所、盛り上がりどころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第535回 東京ガス 山内佑規捕手「勝てる捕手が一番いい捕手」【後編】 【2017年インタビュー】
第532回 東京ガス 山内佑規捕手「下積み生活を乗り越えて掴んだ正捕手の道」【前編】 【2017年インタビュー】
第410回 千葉ロッテマリーンズ 鈴木 大地選手 vol.3「名手・鈴木 大地を作り上げた中学時代の挫折」 【2016年インタビュー】
桐蔭学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー