第56回 漫画家 寺嶋裕二先生2010年08月11日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

今回の独占インタビューは球児に大人気の「ダイヤのA」の著者:寺嶋裕二先生です。
実は2年前にもインタビューにご出演して頂き、今回は2度目のインタビューです。
今回は寺嶋先生の野球観についてお話を伺ってきました。


強いチームとは

【インタビュー秘話01】僕の中では降谷のメンタルはメチャメチャ強いですけどね。正直、沢村は降谷がいるかぎりエースになれないかもしれない。

――今までいろんなチームを描く中で、先生が思う強いチームとはどんなチームでしょうか?

寺嶋先生(以下「寺嶋」) やっぱり。色々な話を聞いていると、何か一つの試合をきっかけにめちゃめちゃ強くなるというじゃないですか。

――ありますね。

寺嶋 選手の気持ちがバラバラだと凄く質の良い選手がいても負けたりしていますよね。高校野球の場合、「俺達は弱い」って自覚している奴らが強いんじゃないのかなと僕は思います。まぁそれはある程度レベルの高い高校に関してだと思うんですけど。
慢心してないというか。ちゃんと自分たちに出来る事をしているチームが1番強い気がします。

――どんなに個々の能力が強くても・・ということですね。今年の夏も実力校が、チームがまとまらずに敗退していくのを目にします。

寺嶋 なんですかね。どうしてかはわからないです。高校生の一致団結した時のエネルギーはすごいですよね。
それがもしかするとチーム作りで一番難しい所かもしれない。よくキャプテンがすんなり決まる年は強いって言うじゃないですか。
――えぇ。

寺嶋 強烈なリーダーシップを取れるキャプテンがいるとうまくまとまるけど、そうじゃないチームは弱いというのはやっぱりまとまっていないってことだと思いますね。

【次のページ】 漫画家 寺嶋裕二先生(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

寺嶋裕二さん
  • 出身地:香川県
  • 出身校:善通寺一
  • ポジション:高三時はクリーンアップで活躍。
  • H11年読み切り野球漫画「メンバー」が第62回マガジン新人漫画賞にて佳作を受賞。
    マガシンFRESHに掲載されデビュー。
    H14年マガジンSPECIALにてテニス漫画「GIANT STEP」の連載を開始。
    H15年「橋の下のバットマン」とH17年「幻の甲子園」(野球ドキュメント漫画)の読み切り掲載を経て、H18年5月より野球漫画「ダイヤのA」を連載中。
    H19年「ダイヤのA」で第53回小学館漫画賞少年向け部門受賞。
    H22年「ダイヤのA」で第34回講談社漫画賞少年部門を受賞。
【関連記事】
第73回 出動!球児に聞き隊!【好きな野球漫画は?】【野球総合研究所】
第67回 出動!球児に聞き隊!【好きなテレビ番組は?】【野球総合研究所】
第20回 漫画家 寺嶋裕二先生 【2008年インタビュー】
善通寺一 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー