第572回 三浦銀二(福岡大大濠)「鉄腕、カナダの地で復活!」2017年09月06日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 9月5日、第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ5日目。スーパーラウンド進出を決めている日本は、南アフリカと対戦。12対0の7回コールド勝ちで、4勝1敗でオープニングラウンドの最終戦を飾った。この日は「復活」をテーマに選手たちのインタビューをしていきたい。1人目は三浦 銀二福岡大大濠)。国内合宿では思うようなピッチングができなかったが、今日は5回無失点。ようやく三浦らしいピッチングを見せてくれた。

サンダーベイのマウンドは自分には合っている

三浦銀二(福岡大大濠)

 三浦 銀二がようやく復活の兆しを見せた。国内合宿では2試合続けて失点。本調子とはいえないピッチング。登板もなかなかない中、三浦はそれでも準備を進めてきた。三浦は各国の打者を見て、「一発を打てる打者がどのチームもいますので、コントロールには気を付けるべきと思いました」

 南アフリカ戦の先発マウンドへ登った三浦。立ち上がりから136キロ~142キロのストレートを連発。回転数が高いストレートを左打者にはインロー、右打者にはアウトローと低めにしっかりと決めていった。南アフリカ打線を3回までノーヒットに抑える好投を見せた。好投ができたのはポートアーサー球場のマウンドが三浦に合っていた。

「自分は硬いマウンドが合っていて、どの辺が投げやすいかというと、踏み出す左足がしっかりと噛んで、投げることができるんですよね」
三浦は、下半身主導の動きで投げる投手だが、やはり歩幅が合うか、そしてスパイクで地面をしっかりと噛んで投げることが全体の動きにつながっていく。三浦の場合、その動きがしっかりと出来ていた。いつも同僚の古賀 悠斗とバッテリーを組んでいたが、中村 奨成広陵)とバッテリーを組んだ三浦は、古賀とリードの違いを感じながらも、「そこは中村君にしっかりと合わせようと思いました。中村君とは(相手打者が)ストレートが合わないと感じていたので、上手くストレートで押せたと思います」と息ぴったりの投球で、好投を見せた。

 今日のピッチングで、スーパーラウンドでも登板の望みが出た。三浦は、「先発、中継ぎのどちらで投げるかは言われていませんが、どちらでも投げられるよう、しっかりと準備をしていきたいと思います」
今日の南アフリカ戦は清宮 幸太郎に第1号が飛び出すなど軸となる選手の調子が上がり、スーパーラウンドへ向けて弾みがつく1勝となった。少しでも重要な場面で投げられる投手が多いほど選択肢は広がる。三浦の活躍は、スーパーラウンドでも期待できそうだ。

(取材/文・河嶋 宗一



注目記事
第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

三浦銀二
三浦銀二(みうら・ぎんじ)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • ■選手名鑑
    三浦 銀二
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第79回 創志学園の登場で、関西と倉敷商らと新たな勢力構図【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第74回 甲子園のお膝元のプライド、報徳学園、東洋大姫路が競い合う中、明石商も台頭【兵庫・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第468回 報徳学園 (兵庫)「基本」土台に、試合と「直結」し「魂」を出し切る【野球部訪問】
第36回 野球ノートに書いた甲子園5 高校野球ドットコム編集部 KKベストセラーズ【読書のススメ】
第6回 報徳学園が記念大会連覇中の東兵庫!昨秋2強揃う西兵庫!【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第630回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)世界との激闘糧に、夏頂点へ駆ける【後編】 【2018年インタビュー】
第629回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)生粋の野球小僧、報徳学園で戦う男に【前編】 【2018年インタビュー】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
小園 海斗(報徳学園) 【選手名鑑】
報徳学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー