第473回 二松学舎大学附属高等学校 大江 竜聖投手「ドラフト6位でもハートの強さで這い上がる!」【後編】2016年11月28日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]最後の夏へ向けて取り組んだフォーム修正と走り込み
[2]指揮官が太鼓判を押す大江のハートの強さ

 2年夏、3年春と甲子園逃した大江 竜聖。後編では、最後の夏へ向けてどんな目標を立ててスキルアップをしていったのかに迫った。3年間大江を指導してきた市原監督からも、メッセージをいただいた。

■2年秋までを振り返った前編は以下から!
勢いで投げていた1年夏と投げる怖さを知った2年夏

最後の夏へ向けて取り組んだフォーム修正と走り込み

大江 竜聖投手(二松学舎大学附属高等学校)

 2年冬は、投げるスタミナがまだ足りないということで、冬も投げ込みを繰り返した。二松学舎大附伝統のポール間27往復も、投球練習をしない日は行ってきた。

 こうしてしっかりと実力を蓄えて臨んだ春の都大会だったが、「あの時は調子が最悪でしたね。投げている感覚は全くしませんでした」 と振り返った大江。3回戦日大鶴ヶ丘戦では4失点、準決勝東海大菅生戦でも4失点を喫し、苦しみながら勝利したといっていい。大江は全く自分の投球内容に満足していなかった。そして進んだ関東大会でも、大江の調子は上がらなかった。このままでは夏は勝てないということで、大江は市原監督と一緒に投球フォームの修正を行った。

「投球フォームがインステップ気味になっていたので、その修正を図りました。インステップを直してから、6月ぐらいに千葉県の学校と練習試合でやったぐらいからですかね。少しずつ調子が上がってきたんです」

 そして夏前でも走り込みを繰り返した。相手校の練習試合に帯同しないときは学校に残り、10キロ~15キロの走り込みをした。その効果は着実に現れた。
「あれをやったおかげで、最後の夏はこれまでよりも楽に投げることができました」

 迎えた最後の夏。大江はこの夏に迎えるあたり、甲子園にいくまでの試合すべてで完投するつもりでいた。そのための投げ込み、走り込みをしてきた。大江は大会初戦から好投を見せる。3回戦足立学園戦では、「まだ調子は仕上がっていなかった」と振り返りながらも、5回を投げて6奪三振、1失点の好投で4回戦進出。そして4回戦都立広尾戦では8回を投げて8奪三振、1安打完封勝利と調子を上げていき、「大会の中で最も調子が良かった」と振り返る5回戦都立小山台戦では、1安打、16奪三振の完封勝利でベスト8進出を果たした。快投のきっかけは第1打席で三振したことだった。

「絶対に打たせない!と燃えることができました」
闘志あふれる投球でベスト8進出を果たすと、準々決勝都立江戸川戦では、初回に1点を先制、さらに6回裏に1点を取られて、3対2と1点差に迫られながらも要所を締めて2失点完投勝利。2年ぶりの夏の甲子園まであと2勝に迫り、準決勝東亜学園との試合を迎えた。この試合、序盤から嫌な雰囲気があった。

東亜学園の打者はコツコツと当ててくるチームで、何か嫌なチームで、リズムに乗り切れませんでした」
2対1とリードして迎えた5回裏に、一挙5点を取られ逆転を許す。そして6回裏にも1点を取られ、被安打11、7失点で降板した大江。7回に味方が4点を返すもあと一歩及ばず、6対7で敗れ大江の夏は終わった。

 全試合登板した疲れが影響したのか?という問いに対し、大江は「確かに疲れはありましたけど、それは全く力が出ないという疲れではなかったですね。東亜学園の打者によって、リズムに乗り切れないまま失点をしてしまいました。悔しい敗戦です」と振り返った。

 

【次のページ】 指揮官が太鼓判を押す大江のハートの強さ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第568回 3回戦突入!東海大菅生、二松学舎大附は2年ぶりの東京都勢ダブル8強入りはなるか?【大会展望・総括コラム】
第564回 ベスト16入りを決める4チームは?甲子園6日目4試合の見どころをチェック!【大会展望・総括コラム】
第42回 二松学舎大学附属高等学校(東東京)【3年ぶり2回目出場】【第99回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第558回 ミレニアム世代のスラッガーが集結!甲子園を熱狂させるバッターは誰だ!?【大会展望・総括コラム】
第557回 清宮、安田がいなくても今年の高校生野手はハイレベル!甲子園を盛り上げる逸材を一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
二松学舎大附vs東海大高輪台【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
二松学舎大附vs獨協【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
二松学舎大附vs朋優学院【東京都 2017年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
二松学舎大附vs早大学院【東京都 2017年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第476回 二松学舎大学附属高等学校 永井 敦士選手「潜在能力は鈴木 誠也級!?最終学年は勝負強い4番を目指す」 【2016年インタビュー】
第472回 二松学舎大学附属高等学校 大江 竜聖投手「勢いで投げていた1年夏と投げる怖さを知った2年夏」【前編】 【2016年インタビュー】
二松学舎大附vs日大二【東京都 2016年秋の大会 東京都大会】
第262回 二松学舎大附バッテリー 大江竜聖×今村大輝! 「5季連続甲子園出場を果たし、歴史に名を刻みたい」 【2015年インタビュー】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
大江 竜聖(二松学舎大附) 【選手名鑑】
二松学舎大附 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー