第296回 立教大学 大城 滉二選手「勝つための走塁は迷いを一切なくすこと」2015年04月20日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]興南はアップの時から走塁練習を行っていた
[2]迷いをなくすことが盗塁成功率を上げる
[3]東京六大学通算96安打を誇る打撃の秘訣は、ノックで調子の波を少なくすること

 今年の東京六大学を代表する遊撃手・大城 滉二選手。高校時代は快打、好守を連発する9番ショートとして、2年時に春夏連覇に貢献。立教大進学以降も、1年春からデビューし、打率.393をマークすると、以降も6季連続で打率3割を記録するなど、今年のドラフト候補として注目されている。今回、着目したのは、昨年春、秋ともに9盗塁をマークした盗塁技術について。いかにして大城選手の盗塁技術が築かれたを伺った。

興南はアップの時から走塁練習を行っていた

大城 滉二選手(立教大学)

 大城選手に走塁技術について話を伺うと、
「やはり高校時代(興南)の取り組みがベースとなっています。去年盗塁が多かったのもそれが積みあがったものだと思います」
と語る大城選手。

 2010年の興南といえば、エースの島袋 洋奨投手(現福岡ソフトバンク)2013年インタビューが注目されるが、好投手でさえも打ち崩す打撃力、堅実な守備など隙がないチームであった。その隙のなさを支えていたのが全力疾走である。どのチームも全力疾走を大事にするが、興南も、グラウンドでは歩かないことを基本としていた。そして興南は、勝つために走塁は非常に重要な技術と捉え、アップから走塁練習を行っていた。

「アップからスライディング、ヘッドスライディング、スタートを切る練習などをしていました。これは興南だけしかやっていないことだと思います」

 確かにアップから走塁練習を行うチームは見たことがない。興南の我喜屋監督関連記事が「実戦に即した練習をしなければ意味がない」と語るように、走塁練習をはじめとして、実戦を想定した練習を常に行っていたようだ。

 そして試合では、何か走塁ミスがあれば、試合後にすぐに全員で走塁練習を行ってその課題をつぶすなど、常に走塁技術を高めてきたのだ。また興南が走塁に取り組む上で大事にしていたのは「感性」だ。
「何か感じる力ですね。それがないと投手の癖を盗めません。そこはチームとして大事にしてきたことです」

 また走塁は体で覚えること、常に走塁練習をしなければ、勘を養うことはできないと語る。
「我喜屋監督がいっていたことを、全員がやろうと徹底してやってきました。その中で学んだことは、良い走塁ができるためには、走塁を自然とできるように、体に覚えさせることだと思いました」

 こうして大城選手の走塁姿勢、意識は築かれてきたといえるだろう。

このページのトップへ

勝つための走塁特集

【次のページ】 迷いをなくすことが盗塁成功率を上げる

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

大城滉二
大城 滉二 (おおしろ・こうじ)
  • ポジション:遊撃手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:175センチ72キロ
  • 出身校:興南
  • ■選手名鑑
    大城 滉二
【関連記事】
第561回 今大会で最も熱く、ハイレベルな4日目!4試合の見所を徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第27回 興南高等学校(沖縄)【2年ぶり11回目出場】【第99回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第490回 【沖縄展望】いよいよ来週開幕!群雄割拠の沖縄を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第470回 三季連続優勝を目指す福岡大大濠、選抜ベスト4の秀岳館など今年も強力チームが集結!【春季九州大会展望】【大会展望・総括コラム】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第519回 国吉 大陸さん(興南出身)「春夏連覇を達成した甲子園を今、振り返る」 【2017年インタビュー】
第510回 鈴木 貴弘選手(日大三-JR東日本)「春4強・夏制覇に導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第455回 今年の沖縄も実力派揃い!春から激戦が予想される県大会の見所を徹底紹介!【2017年沖縄春季県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第353回 立教大学 飯迫 恵士選手 「常に首位打者を目指せる選手になりたい」 【2015年インタビュー】
第283回 立教大学 山根 佑太選手×髙田 涼太選手(浦和学院出身) 【後編】「最後まで仲間を支えるのが浦和学院野球部」 【2015年インタビュー】
大城 滉二(興南) 【選手名鑑】
興南 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー