想いはそれぞれ。球児たちが振り返る今年の漢字とは?【出動!球児に聞き隊!】2017年12月20日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今年の漢字は「北」。毎年、公益財団法人 日本漢字能力検定が発表しています。北になった理由は、「北」朝鮮ミサイルの「北」海道沖落下や九州「北」部豪雨などの災害から、平和と安全の尊さを実感した年だったといいます。またスポーツ界では、「北」海道日本ハムファイターズの選手に期待が集まり、競馬の「キタ」サンブラックが大活躍しました。

 今年の高校野球では、南「北」海道代表の北海の148キロ右腕・阪口 皓亮投手が横浜DeNAへ進み、北「北」海道代表の滝川西が前年に北北海道大会決勝で敗れた悔しさを乗り越え、北海道の高校野球にとっても記憶が残る1年でした。

強豪校の球児たちに答えた今年の漢字は??

中川健太郎選手(京都・乙訓) 新
「新チームから始まって自分たちの代になって2年生も一丸となってやっていこうと。京都大会では優勝を経験させていただきましたし、近畿大会にも初めて出させてもらえて、景色が新鮮だったので新鮮の「新」を書かせてもらいました」
 この秋、近畿大会ベスト4まで勝ち進み、甲子園出場も見えてきた乙訓。その主将として引っ張ったのが中川 健太郎選手。近畿大会に出場する強豪校を間近で見られたことは大きな経験になった。ぜひ来年、大きく成長した乙訓を見せてほしい。

鶴田克樹投手(山口・下関国際) 力
「今年は4番を打たせてもらって、自分自身『力』がついたかな、とも思える1年でした。でも中国大会の決勝で悔しい逆転負け。悪い流れをピッチングで食い止められない『力』不足も痛感しました。センバツ、そして来年の夏に向けて自分自身の『力』はもちろんチーム『力』を高めたい。その決意も込めて『力』にしました」
 今夏は2年生ながら4番を務め、同校初の甲子園出場に貢献。さらに中国大会決勝まで導いた鶴田 克樹。新チームでも引き続き4番、更にはエースナンバーを背負い、投打に高いパフォーマンスを発揮している。そんな鶴田の今年1年を漢字一文字で表すとどうなるか?練習を終えた本人に伺った。鶴田はしばし、悩んだ後、「力」と色紙にしたためた。力強く意図を語ってくれた鶴田。エース、主砲を兼務する者としての強い決意が感じられた。来たるセンバツでの活躍を期待したい。

齋藤 倖介投手(埼玉・花咲徳栄) 悔
「優勝を経験しましたが、あまり登板ができなかったのは悔しかったですね。前チームの時は1年生の時から経験していましたので、優勝の力になれなかったことが悔しいです。秋でも、あまり良い結果を残すことができず、「悔」としました。来年は背番号1をとって甲子園にいきたいです」
 全国優勝のメンバーだった齋藤 倖介投手。しかし夏の甲子園では登板ゼロに終わった。その悔しさをぶつけて取り組んできた。現在は最速138キロまで速くなった右のサイドハンドは、背番号1として4年連続甲子園出場を導く存在となる。

 それぞれの選手が思いを口にしました。3選手に共通するのは最終学年で、ぜひベストパフォーマンスを発揮できたといえるシーズンを過ごしていただきたいと思います。
 今後も、各地の球児を直撃し、考えの傾向やトレンドを紹介していきたいと思います!乞うご期待!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第648回 明日埼玉県大会が開幕!花咲徳栄vs川越東など1回戦から好カードが続出!【大会展望・総括コラム】
第645回 今大会最注目の下関国際と「春連覇」を狙う、昨春の県大会王者・宇部鴻城【大会展望・総括コラム】
第641回 大阪桐蔭の連覇で幕を閉じたセンバツを徹底総括【大会展望・総括コラム】
第636回 【準々決勝見所】ベスト4進出をかけて激突!4試合のポイントを解説!【大会展望・総括コラム】
第636回 【9日目見所】今日でベスト8が出揃う!大阪桐蔭vs明秀日立の一戦に注目!【大会展望・総括コラム】
三重vs乙訓【第90回記念選抜高等学校野球大会】
國學院栃木vs延岡学園【第90回記念選抜高等学校野球大会】
乙訓vsおかやま山陽【第90回記念選抜高等学校野球大会】
創成館vs下関国際【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第635回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)夏・甲子園連覇と夢実現へ。常に高い目線で【後編】 【2018年インタビュー】
第634回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)長所を開花させた1年冬の練習【前編】 【2018年インタビュー】
おかやま山陽vs下関国際【2017年秋の大会 第129回(平成29年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
第573回 清水達也(花咲徳栄) 「寒空を切り裂く剛速球!甲子園優勝投手が戻って来た!」 【2017年インタビュー】
第428回 花咲徳栄高等学校 高橋昂也選手 「ついに復調!速球とフォークのコンビネーションは大学生にも圧倒」  【2016年インタビュー】
乙訓 【高校別データ】
下関国際 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム