第197回 【第97回北北海道大会展望】本命不在も白樺学園がややリードか2015年07月13日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]Aゾーン
[2]Bゾーン

 07、08年の駒大岩見沢以来、連続出場のない大混戦の北北海道。最近5年を振り返っても、春夏ともにすべて違う学校が甲子園切符を手にしている。今大会も春の北海道大会四強の白樺学園がややリードしているものの、どこのチームにもチャンスのある情勢は変わらない。

Aゾーン

中野 祐一郎 (白樺学園)

 春の北海道大会で北北海道地区唯一のベスト4入りした白樺学園が大本命といえる。河村 説人(3年)、中野 祐一郎(3年)の両右腕は、ともに完投能力のある好投手だ。河村は192cmの長身から投げ下ろすストレートが武器。6月に行われた大阪桐蔭との招待試合では、4回からマウンドへ。全国屈指の強力打線を相手に、5イニング2安打1失点の好投をみせ、勝利に大きく貢献したことですっかり自信をつけた。

 自慢の打線はもちろん健在だ。大阪桐蔭戦では左腕エース田中 誠也(3年)から3点ビハインドの3回、先頭の9番・矢尾板 大河(2年)が中前安打。これを皮切りに7安打を集中し、打者11人攻撃で6点を挙げてみせた。「憧れのチームと戦って、練習の成果を出せたことが大きな自信」と、戸出直樹監督も手応えを十分感じている。

 十勝支部予選では3番に座る池田 裕介(3年)が、2試合で8打数6安打と大当たり。代表決定戦の広尾戦では、中越えに豪快な本塁打も放ってみせた。春以降、2死三塁からのシート打撃で集中力を磨き、勝負強さが増した。また、春は試合でほとんど使わなかったバントの練習にも時間を割き、得点機を逃さない野球にも力を入れてきたことで、得点力もアップした。初戦の相手は深川西春の北海道大会でも初戦で対戦し、6-4で勝利している。

 同じ十勝支部で、プロ注目の好右腕・長江 理貴(3年)を擁する帯広緑陽は、昨秋の北海道大会東海大四をあわやのところまで追いつめた北見工と対戦する。中学時代、スピードスケート500メートルで全国優勝を果たした強靭な下半身から繰り出される長江のストレートは、昨年の段階ですでに140キロを超えている。代表決定戦でも6球団のスカウトが集結した逸材だ。

 センバツの21世紀枠候補にも選ばれた北見工は、2年生エース・中川 裕元が完全復調した。冬場のウエートトレーニングで筋力アップしたが、それがかえってフォームのバランスを崩す原因となり、春先はコントロールに苦労した。ようやくここにきてフォームも安定し始めたことで、本来の投球を取り戻しつつある。

 秋、春と支部予選敗退していた遠軽は、粘り強さを身に付けて北北海道大会にコマを進めてきた。初戦の相手となる稚内大谷も、2年ぶりの北北海道大会となる。

 春は私学の強豪を次々となぎ倒し、旭川支部の頂点に立った旭川西北海道大会でも札幌大谷を7回コールドで下すなど、ここ一番でみせる打線の集中力には定評がある。エース・稲田 嘉起(3年)にも安定感が増してきた。初戦は試合巧者の釧路北陽との一戦となる。


北海道の高校のコラムを一挙紹介!
(駒澤大学附属苫小牧、クラーク記念国際、東海大学付属第四)
北海道のチームに、この夏にかける熱い思いを聞きました!
【僕らの熱い夏】旭川龍谷高等学校(2015年05月30日公開)
【僕らの熱い夏】北海道北見北斗高等学校(2015年06月05日公開)
【僕らの熱い夏】北海道帯広三条高等学校(2015年06月22日公開)

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」
・2015年の全国各地の高校野球を占う!

このページのトップへ

【次のページ】 Bゾーン

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第4回 稚内大谷高等学校(北海道)【冬が僕らを強くする2017】
第93回 球児が将来なりたい職業は?【出動!球児に聞き隊】【野球総合研究所】
札幌日大vs稚内大谷【北海道 2016年秋の大会 第69回秋季北海道高校野球大会】
稚内大谷vs鵡川【北海道 2016年秋の大会 第69回秋季北海道高校野球大会】
東海大札幌vs旭川実【北海道 2016年秋の大会 第69回秋季北海道高校野球大会】
武修館vs札幌創成【北海道 2016年秋の大会 第69回秋季北海道高校野球大会】
第371回 二季連続出場を狙う札幌第一を止める学校は? 150キロ左腕・古谷(江陵)は勝利に導く投球ができるか?【南北北海道大会抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
第22回 大きく、高校野球の歴史と意識を変えた駒大苫小牧の連覇(北海道)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第31回 北海道北見工業高等学校(北海道)【冬が僕らを強くする2016】
下関商vs白樺学園【第97回全国高等学校野球選手権大会】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
池田 裕介(白樺学園) 【選手名鑑】
稲田 嘉起(旭川西) 【選手名鑑】
岡田 周斗(旭川龍谷) 【選手名鑑】
河村 説人(白樺学園) 【選手名鑑】
歳桃 晨之介(旭川龍谷) 【選手名鑑】
佐藤 竜次(旭川龍谷) 【選手名鑑】
陣 翔大(旭川実) 【選手名鑑】
世永 大介(旭川龍谷) 【選手名鑑】
徳橋 颯野(武修館) 【選手名鑑】
中川 裕元(北見工) 【選手名鑑】
中野 祐一郎(白樺学園) 【選手名鑑】
長江 理貴(帯広緑陽) 【選手名鑑】
山崎 永治(武修館) 【選手名鑑】
山田 智則(旭川龍谷) 【選手名鑑】
旭川実 【高校別データ】
旭川西 【高校別データ】
旭川龍谷 【高校別データ】
帯広柏葉 【高校別データ】
帯広緑陽 【高校別データ】
北見工 【高校別データ】
釧路工 【高校別データ】
釧路北陽 【高校別データ】
白樺学園 【高校別データ】
天塩 【高校別データ】
深川西 【高校別データ】
武修館 【高校別データ】
稚内大谷 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

京田 剛
京田 剛
  • ■生年月日 1967年5月16日
  • ■出身地 大阪府
  • ■経歴 奈良県立郡山高校―龍谷大学
  • ■小2から野球を始め、高校時代は捕手。大学では4年間マネジャーで、4年の時は関西六大学野球連盟学生委員長。
  • ■大学卒業後は報知新聞大阪本社でプロ野球、アマ野球を中心に取材。2004年からは大阪学院大学で2年間、硬式野球部の監督を務める。その後は北海道の道新スポーツで約5年、野球を取材。
  • ■2015年にはり師、きゅう師免許を取得し、現在は「スポーツ鍼灸 はり悟空」を経営。鍼灸師としてスポーツ選手を中心に治療に従事する傍ら、スポーツライターとして執筆活動もしている。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム