第594回 【侍ジャパンU-18展望】3位決定戦はカナダと対戦!全員がやり切ったといえるパフォーマンスを!2017年09月10日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

三浦銀二(福岡大大濠)

 9月9日、第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ最終日。本日3位決定戦に臨む侍ジャパンU-18代表。相手はスーパーラウンドで敗れているカナダである。同じ相手に二度も負けたくない試合だが、世界一がかかっていない試合である。現在の日本がすべきことは、多くの選手がやり切ったといえるパフォーマンスを見せること。それだけだ。

多くの選手が良い結果で締めくくってほしい

  前回のカナダ戦で強打がウリと分かったはず。韓国戦で投げた田浦 文丸川端 健斗の2人の登板は厳しいところだろう。そうなるとスーパーラウンドで登板がない三浦 銀二櫻井 周斗はチャンスがあるだろう。三浦はサンダーベイのマウンドが合っていると語っていた。三浦のピッチングにかけてもいいだろう。

 カナダの投手陣はアメリカ、韓国と比べると劣る。侍ジャパンU-18代表はハイレベルな韓国投手陣と対戦しているので、くみしすい部分があるはず。清宮 幸太郎安田 尚憲増田 珠中村 奨成といった高校生野手ビッグ4にとって最後の真剣勝負。ぜひ4人には、彼ららしい活躍を最後に見せてほしいところ。

 強打のカナダを封じ、そして、試合の主導権を握り、良い形でこの大会を締めくくってほしい。

(文・河嶋 宗一

注目記事
第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第10回 世界の高校球児にインタビュー!台湾編「来年のアジア選手権でもマークしたい郭天信選手」【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第13回 U18を終えて 安田尚憲(履正社)「世界大会は自分を見つめ直し、成長させてくれた場所」【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第103回 田浦文丸(秀岳館)のピッチングは高いステージで活躍する左投手のお手本だ【ドラフト特集】
第102回 清宮幸太郎が歴史に残るスラッガーになるにはしっかりとした準備期間が必要だ【ドラフト特集】
第12回 U18を終えて 増田珠(横浜)「諦めず、自分のスタイルを貫けば、必ず報われる 」【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
日本vsカナダ【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
第576回 中村 奨成(広陵)「世界一へ、チームに勢いを与える豪打を」 【2017年インタビュー】
カナダvs日本【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
第575回 櫻井周斗(日大三)「強打の二刀流が誓った2つの決意」 【2017年インタビュー】
城西国際大学vs侍ジャパンU-18代表【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
日本大学vs侍ジャパンU-18代表【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs千葉工大【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム