第6回 金津高等学校(福井)2018年01月25日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

トレーニングに励む様子(金津)

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]地域に密着した交流が評価され、センバツ大会の21世紀枠候補に
[2]リードされていても負けていない雰囲気があり、最後まで諦めない
[3]3月からのシーズンに力を集結し、目標に向かっていこう!


地域に密着した交流が評価され、センバツ大会の21世紀枠候補に

■昨秋の福井大会で初優勝
 福井県あわら市にある福井県立金津高等学校は1983年に開校。16年3月に経理科、情報処理科を閉科し、現在は普通科のみを設置している。学習効果や集中力を上げるため、年間を通じて全生徒が朝に読書を行っているのが学校の特色だ。野球部は昨秋の福井大会で初優勝を遂げ、北信越大会に進出。少年野球チームとの交流や冬は学校周辺の雪かきを行うなど地域との関わりも評価され、今春のセンバツ大会における北信越地区の21世紀枠候補校として推薦されている。

■金津野球部の紹介
 野球部は2年生14名、1年生14名の計28名。「部員数が少ないので各自が違う場所で自分の課題に見合った練習を行っています」と斉川 隼大副主将。昨秋は県ベスト4入りを目指してのスタートだったが、「練習試合で様々な相手と戦うことで試合の運び方や一球の集中力が鍛えられ、チームが強くなっていったと思います」と、目標を上回る福井大会優勝を果たした。


トレーニングに励む様子(金津)

■秋季大会を振り返って
 福井大会・決勝の坂井戦。3回に5点を先制される苦しい展開だったが、「7回に追いついて延長戦に持ち込み、10回表には4番・髙桒がホームランを放って勝利。坂井には8月の市長杯(坂井・奥越地区大会)で負けていた(4対6)ので雪辱を晴らせました」(斉川副主将)と、昨夏の甲子園出場校に対し、見事にリベンジを果たして優勝。「昨秋は、チームに逆転する力があり、毎試合、違うヒーローが現れました」と振り返っている。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 髙柴 太一選手は内野も外野も守れるユーティリティプレーヤー。打線では1番打者としてチームを引っ張った。石丸 結大選手は1年生ながら内野の要。捕手の髙桒 篤耶選手は4番打者としてチームを優勝に導いた。また、今春から夏に向けて活躍が見込まれる選手として、斉川副主将が名前を挙げたのは中橋 朋希選手と夛田 新太郎選手。「中橋はキャプテンとしてチームを引っ張っていたが、秋季大会の前に腰を怪我してしまい出場できなかったので、最後の夏に期待。夛田は1年生ながらクリーンアップを打つバッター。髙桒のマークが厳しくなった時などは、夛田が打ってくれればチームの勝利に繋がります」

■この冬の意気込み!
 「個々のパワーアップ」「体を大きくする」「体幹を強くする」の3つをトレーニングのテーマに掲げている金津。斉川副主将は「僕たち2年生は最後の冬となるので、最後の夏に後悔しないようにこの冬の厳しいトレーニングも楽しく取り組んでいきたいと思います」と話し、今春のきたるべき時に備え、準備をしている。

このページのトップへ

【次のページ】 リードされていても負けていない雰囲気があり、最後まで諦めない

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第64回 福井商の独走から新時代到来、敦賀気比が新たな歴史を作り大変化【福井・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第618回 今年の21世紀枠推薦校の注目選手は門馬、佐藤、岡林など好投手がズラリと揃う!【大会展望・総括コラム】
金津 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム