第118回 3年生座談会 県立梼原高等学校(高知)「梼原町」だからできた高知大会準優勝【後編】2017年11月04日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]自分の役割を見つけ、最後の夏。残った「悔しさ」
[2]次の世代に残したいこと

 明徳義塾の8年連続優勝で幕を閉じた2017夏の高知大会。ただ、近年では県立校の進出が目立つ。昨年は初の決勝進出で健闘。その後、秋季県大会決勝戦で明徳義塾を下して翌年センバツ21世紀枠出場につなげた中村

 そして今年は県北部の標高400メートル超・四国カルストがある人口3,627人(7月末現在)梼原町唯一の高校・高知県立梼原高等学校が決勝戦へと進出。決勝戦では4回裏までの5失点が響き3対7で敗れたが、地元梼原町出身・横川 恒雄監督に導かれた中盤の反撃は三塁側スタンドを大いに沸かせた。

 では、創部11年目の梼原野球部はなぜ、大躍進を遂げることができたのか?今回は3年生たちの対談から「梼原町」だからできた成長過程を探ってみたい。後編では最後の夏の裏側、そして高校野球を通じ学んだこと、次への抱負を語っていただきます。

<メンバー>
和田 吉展(わだ・よしのぶ)前主将・一塁手・181センチ75キロ・右投左打・佐川町立佐川中出身
浅井 大地(あさい・だいち)投手・178センチ78キロ・右投右打・土佐清水市立清水中出身
市川 雷夏(いちかわ・らいか)外野手・右投左打・170センチ66キロ・須崎市立朝ケ丘中出身
長岡 星河(ながおか・せいが)捕手・174センチ75キロ・右投右打・宿毛市立東中出身
中山 洸希(なかやま・こうき)外野手・170センチ64キロ・右投右打・四万十町立窪川中出身
*特別参加:岩崎 智久部長

自分の役割を見つけ、最後の夏。残った「悔しさ」

市川 雷夏(梼原)

――春が終わると、選手個々にも新たな葛藤が生まれてきたと思います。それは「レギュラー」と「控え」の区別。中山、市川両選手は最後の夏は代打を中心に活躍することになるわけですが、そこの葛藤をどのように克服したのですが?

中山:僕は4月に右足首を骨折したので、その時点でレギュラーは難しいことはわかっていました。そこで同じ左翼手を守る北川(泰成・3年)のサポートをしながら、羽根打ちなどで打を中心に活躍しようとしました。

市川:僕は練習試合で奥野(昌樹・右翼手・3年)と半々くらいで練習試合に出ていたのですが。なぜかスタメンよりも代打の方が打てていたんです。「代打の方がいい」と感じた後は試合の流れを読みながら、代打に備えるようにしました。最後の高知大会でも浅井のマッサージをしながら、試合の流れを読んで準備していました。

――5月の県体育大会では高知中央へのリベンジも果たして連続ベスト4。そしていよいよ高知大会を迎えるわけですが……。

和田:僕は右ひざをけがして、必死で大会前に直しました。

長岡:僕もベースを踏み外して、2週間野球ができませんでした。

浅井:僕も脇腹を骨折、大会直前に復帰です。6月。チームは土砂降りの雨でした(苦笑)

――……(笑)。でもこれが逆に功を奏します。初戦は室戸・高知丸の内連合チームに延長11回の大苦戦を強いられながら、高知農に快勝、高知に延長10回勝利、準決勝で中村に4対1で勝利して初の決勝戦へ駒を進めます。

岩崎部長:初戦に負けたことで逆にチームはまとまりだしました。

和田:ただ、明徳義塾に負けてみると「自分が打ったら、守れていたら」と思って悔しいです。

長岡:自分も中村戦では満塁(4回表二死満塁からの2点打)で打てたのに、決勝戦では7回表一死満塁から打てなかった(三振)。応援がすごかったのに申し訳ないという気持ちが強いです。

市川:自分としてはよかったですが、決勝戦では明徳義塾のかけている思いを感じました。

中山:(決勝戦2打数2安打)も守備で全く動けず捕球できるボールも捕れなかった。あれがなければ勝てていました。

浅井:中坪(将麻)くんに浴びた3ランがなければ……僕も悔やまれます。

【次のページ】 :次の世代に残したいこと

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第15回 タイブレーク導入の是非と智弁和歌山・高嶋仁監督への想いを語る【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第624回 第90回センバツ逸材野手【西日本編】ガイドブック【大会展望・総括コラム】
第622回 第90回センバツ逸材投手【西日本編】ガイドブック【大会展望・総括コラム】
第620回 第90回センバツ出場校が決まる!注目が集まった各地区の選考を振り返る! 【大会展望・総括コラム】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
第635回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)手探りの先に見えた「市川スタイル」【中編】 【2017年インタビュー】
第637回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)マウンドに上がれなかったセンバツを糧に【前編】 【2018年インタビュー】
第1回 第100回記念大会の概要は?2018年注目チームの戦力紹介!【100回記念大会特集】
第623回 西浦 颯大(明徳義塾ーオリックス) 「原点に返り「00」から始めるプロ野球選手の道」 【2017年インタビュー】
第619回 市川悠太(明徳義塾)「全10試合完投!鉄腕ロード 第1章が完結!」 【2017年インタビュー】
明徳義塾vs創成館【2017年 第48回明治神宮野球大会】
明徳義塾vs静岡【2017年 第48回明治神宮野球大会】
明徳義塾vs中央学院【2017年 第48回明治神宮野球大会】
明徳義塾vs英明【2017年秋の大会 第70回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs松山聖陵【2017年秋の大会 第70回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾 【高校別データ】
梼原 【高校別データ】

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム