第72回 綾部高等学校(京都)2017年06月29日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

集合写真(綾部)
僕らの熱い夏2017 特設ページ
ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

【目次】
[1]夏休みでも野球ができるように
[2]甲子園で活躍する
[3]応援されるチームになれ!

夏休みでも野球ができるように

■綾部高校はどんな高校?
 綾部高等学校は、京都府綾部市に所在する、公立校。明治26年に設立されて以降、綾部市をはじめとする京都府北部地域の発展とともに歩み続け、4万人に迫る卒業生は、全国各地の各界各分野で活躍している。部活動の強豪校であり、多くの著名人の出身校としても知られている。

■綾部ってどんなチーム?
 1年生23名、2年生16名、3年生28名の計67名で活動している綾部野球部。グラウンドではAチームとBチームに分かれて練習することがある一方、雨の日は武道場や廊下を他の部活動と共用で使用するなどして、練習している。チームのウリは「元気、全力疾走、バッテリーを中心とした守備力」だと話すのは小嶋 一輝主将。目標は甲子園出場に向け、今日も綾部野球部は練習に励む。

■成果が出た春季大会
  綾部昨秋府立工業と対戦。結果は延長10回3対4で敗れた。「負けるはずがないと思っていた中で、秋季大会が終わったので、とても悔しかったです」と当時を振り返った。
それからのオフシーズンは、「振り込む、走り込む、ウエイト」をテーマにトレーニングした。一冬超え、ナインは成長した。決勝龍谷大平安に敗れたものの、春季大会2次戦で準優勝。「冬の練習の成果が発揮できた大会となり、目標としていたシード権を獲得でき、全員で喜び合うことができました」と小嶋主将。確かな成長を手にした。

■活躍してきた選手を紹介!
この1年間活躍してきた選手・夏のキーマンに、小嶋主将は四方 裕太、湯浅 大輔、材木 琢朗の3選手の名を挙げた。「四方はエースとして、湯浅は勝負所での打撃、材木は先頭打者として活躍してくれました。夏も活躍を期待したいです」と小嶋主将。また、中島 慧斗はバク転・バク宙ができるという長所がある。「持ち前の運動神経でチームの勝利に貢献する守備をしてほしい」と期待を寄せた。

■夏休みでも野球をしていたい
 夏に向け、攻守にテーマを持ち、練習している綾部。「打撃では、相手投手の狙い球を絞って、チャンスで1本打てるように足を使った攻撃。守備では、守るべきところで守り、最小失点で防ぐ守備」と、明確なテーマがあるという。3年生最後の夏に向け、小嶋主将は「勝ち進んで、夏休み中ずっと野球ができるような熱い夏にしたい」と力強く意気込んだ。

このページのトップへ

【次のページ】 甲子園で活躍する

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
京都成章vs綾部【京都府 2017年夏の大会 第99回選手権京都大会】
龍谷大平安vs綾部【京都府 2017年春の大会 平成28年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
綾部vs京都国際【京都府 2017年春の大会 平成28年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
綾部vs乙訓【京都府 2017年春の大会 平成28年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
塔南vs綾部【京都府 2014年春の大会 平成26年度春季京都府高等学校野球大会二次戦】
綾部 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム