第45回 槻の木高等学校(大阪)2017年06月18日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]個々の選手が自分の役割を完璧にこなせすチームを目指す
[2]最後まで粘り続ける戦いをしていきたい!
[3]少々の事では揺らがない気持ちの強さを持っているチーム!

個々の選手が自分の役割を完璧にこなせすチームを目指す

■槻の木はどんな学校?
 大阪府高槻市にある大阪府立槻の木高等学校は、2003年に大阪府立島上高校と大阪府立高槻南高校を統合して開校。学科は単位制の普通科のみで前後期制を採用している。野球部は強豪ひしめく大阪にあって、昨秋は4回戦進出。今春はさらに成績を伸ばし、大阪大会のベスト16まで勝ち上がっている。

■槻の木野球部の紹介
 現在、野球部は3年生19名、2年生10名、1年生14名の計43名。平日はグラウンド全面を使えないため、バックネットに向かってバッティング練習をするなど限られた場所と時間のなかで効率的に練習することを意識している。今季は団結力・向上心・バッティングを武器に大阪大会でベスト4に入ることを目標にしている。


集合写真(槻の木)

■昨秋のチーム発足当時を振り返って
 「昨春、自分たちの1学年上の先輩方がベスト16という記録を残されたので、自分たちもその結果に追いつき追い越そうというテーマでスタートしました」と話す藤原 大樹主将。厳しいトレーニングにも妥協せず、12月末までは体作り、1月からは打撃力の向上を中心に、明るい雰囲気をつくって取り組んできた。

■現チームに起こった出来事や試合で印象に残っていることは?
「今春の遠征で敦賀気比と対戦した練習試合です」と振り返る藤原主将。「結果は負けてしまいましたが終盤までもつれる試合を作ることができ、強豪私学でも戦えるという自信をチームとして得ることが出来ました」

■槻の木を引っ張る選手は?
牧 晃平選手、大塚 脩太選手、前埜 佑介選手の3年生トリオは自慢のパワーで長打を量産。また、政 俊也選手はここぞの場面で一打が出る選手として期待されている。

■今夏への意気込み
 今夏は選手それぞれが「自立」した選手になることにテーマを置いている。「打撃で言うならば、後ろの打者に繋ごうと心掛けることはもちろん大切ですが、それ以前に個々の選手がその打席の中で自分の役割を完璧にこなせるようになることを意識しています」と、藤原主将。そして、「応援してくださる顧問の先生方や学校の先生方。さらにクラスの友人、両親、家族、今までお世話になった全ての方に成長した姿を見せ、恩を返し、最高の夏にしたい」と誓っている。

このページのトップへ

【次のページ】 最後まで粘り続ける戦いをしていきたい!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第501回 本日大阪抽選会!高校野球ドットコム座談会 「2017年夏の展望を語り尽くす!!」大阪編【大会展望・総括コラム】
第347回 【大阪抽選会後 展望】今年の大阪は強豪私学だけではない 台風の目となる公立勢は?【大会展望・総括コラム】
槻の木vs高槻【大阪府 2012年夏の大会 第94回選手権大阪大会】
槻の木 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム