第1回 ユニフォームに込めた思いと因縁……豊橋南と三谷水産2016年09月12日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

■ユニフォームに込めた思いと因縁……豊橋南と三谷水産

豊橋南のユニフォーム

 高校野球のユニフォームには、1つ1つ物語がある。意外に知られていない、そんな全国各地のチームのユニフォームにまつわるストーリーをこれからお届けしていきたい。まず第1回目は、この夏の初戦で対戦した豊橋南三谷水産のユニフォームのお話だ。

 全国でも数少ない水産高校の一つに愛知県の三谷水産がある。高校野球で水産高校といえば、ほとんどの人はかつて1990年91年と連続して夏の甲子園で準優勝を果たした沖縄水産を思い出すであろう。そのユニフォームは胸文字が漢字2文字で「沖水」と書かれたものだった。その「沖水」に酷似した胸文字で「三水」と書かれているのが三谷水産のユニフォームである。高校野球が好きな人や、ちょっと詳しい人であれば、誰しもが「沖縄水産に似せて作ったな…」と思うであろうが、その通りだった。

 この夏の初戦、三谷水産が対戦したのは、豊橋南だったが、豊橋南の藤代 賢監督は前任校が三谷水産だった。しかも、実はその当時に、ユニフォームを沖縄水産デザインのものに変更した、その人でもあるのだ。「あのユニォームを相手ベンチとして見て試合をするというのはまた、特別な思いがありましたよ」と感慨深げだった。

 試合そのものは、豊橋南が大勝した。三谷水産は遠洋航海など、実習授業も多く、部員揃っての練習がなかなかできないという相手校の環境である。そのことも十分に承知しているだけに、試合後は三谷水産をねぎらっていた。

 ところで、その豊橋南のユニフォームも、何となくどこかで目にしたような気がするな…という印象だったのだが、実はこれは県内の強豪校でもある愛工大名電のそれに似せたものである。元々、「Minami」とローマ字で表記すると、「M」から始まるということで、「Meiden」のそれに似たようなロゴとなったが、学校としても元々そのようなものがあったという。藤代監督はそれを意識しながら、より愛工大名電のそれに近いデザインとしたのだが、「ユニフォームには、こだわりはありますからねぇ」と、嬉しそうだった。

 試合は、「沖縄水産vs愛工大名電」のようにはいかなかったかもしれないけれども、それに似たユニフォームに身をまとった両校の選手たちの戦いぶりは見事だった。

(文・手束 仁

注目記事
全国の秋季大会の展望コラム公開中!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
美里工vs沖縄水産【沖縄県 2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
第592回 東 克樹(愛工大名電ー立命館大)「子供たちに勇気を与えられる投手に」 【2017年インタビュー】
興南vs沖縄水産【沖縄県 2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会】
沖縄水産vs美来工科【沖縄県 2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第451回 県立豊田工業高等学校(愛知)「いける」感触掴んだ全三河大会での準優勝【野球部訪問】
中京大中京vs愛工大名電【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
中京大中京vs愛工大名電【愛知県 2017年夏の大会 第99回選手権愛知大会】
第516回 【愛知展望】ノーシードも侮れない激戦区愛知! ベスト8進出校を占う!【大会展望・総括コラム】
第437回 KBC学園未来高等学校沖縄(沖縄)「自利利他」の信念のもとに【野球部訪問】
第495回 【愛知展望】至学館と中京大中京を東邦、栄徳、享栄などが追う!【大会展望・総括コラム】
第345回 愛知工業大学名電高等学校 高橋 優斗選手「下の世代から目標とされるような選手になりたい」 【2015年インタビュー】
愛工大名電 【高校別データ】
沖縄水産 【高校別データ】
豊橋南 【高校別データ】
三谷水産 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム