第117回 3年生座談会 市立川越高等学校(埼玉) 「甲子園常連校を破って夏ベスト8!」【後編】2016年09月13日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】(ページ下部のフォトギャラリーもチェック!)
[1]夏の初戦から大苦戦!ここからどうなる?
[2]1対0で競い勝った浦和学院戦
[3]「まだ諦めんじゃねぇよ」・・・涙の最終回

 この夏、浦和学院に1対0と競り勝ち、埼玉大会8強入りを決めた市立川越の3年生に座談会取材!前編では、新チームスタート当初から、なかなか結果が出せなかったことや、これまでの秘話を伺いました。後編では、この夏、4回戦浦和学院を下してベスト8にまで進出した。そのプロセスを3年生たちに回顧していただきました。

<出席者>
中祖 昂也(狭山市立入間野中 出身)二塁手
石井 光(所沢市立東中 出身)遊撃手
早川 郁也(嵐山町立玉ノ岡中)投手
新井 陽太(ふじみ野市立大井中)捕手
佐藤 史哉(入間市立金子中)外野手
横田 冬馬(ふじみ野市立大井西中)外野手

夏の初戦から大苦戦!ここからどうなる?

新井 陽太君(市立川越高等学校)

――その初戦草加南だったんですが、結果はコールドでしたが、予想以上に大苦戦でしたよね。

新井:あの試合は、(先発した2年生エースの)メンディスが全然よくなくて、球が走ってなくて、掴まってしまっていましたね。

佐藤:攻めとしても、拙攻でなかなか点が入らない状況でした。

新井:メンディスがダメで、宮田が行って、これも掴まってしまってというところでした。

――それで、一死満塁カウント3ボールから早川君がリリーフに行くことになるのだけれども…、その辺の心境はどうでしたか。

早川:とにかく、投球練習でも全然ストライクが入っていなくて、そんな状況でした。

佐藤:みんな、押し出しの1点は覚悟していました。

早川:自分も、押し出しはしょうがないというか、覚悟はしていました。ところが、それを抑えられたんですね。

横田:その裏だったっけ、点が入って流れがこっちへ来るんだよね。

石井:守備のリズムもよくなりました。

中祖:そこから、点が入っていって、結果的にはコールドゲームになりました。

――その試合で、終わった後はどう過ごしたんですか。

横田:帰ってすぐにミーティングでした。そこで、新井先生にものすごく怒られました。大会中なのにこんなに怒られるのかというくらい怒られまくりました。「もう、この夏は終わったな」みたいなことを言われました。

中祖:これじゃいけないと思って、ホワイトボードに20人の名前を書いて、そこに具体的にやることを書いていって、目標をより分かりやすくしていきました。

新井:やはり、口に出して、具体的に目標を書くということが大事でした。

中祖:目標は大きく持とうということで、「所沢商に5回コールド」なんて書いていました。

石井:実際はコールドどころじゃなくて、大変な苦戦でした。最後、自分が打てたんですけれども、この試合は早川がリリーフして打たれてしまっていたので、そのまま負けたら(早川が)野球を嫌いになっちゃうんじゃないかと思っていました。打席では、なぜか無心になれて、同点打を打てました。

横田:前の打席に代打で出ていてバントだったんですが、そのまま守りについていて、勝っていましたから本当は打席が来ないはずだったんですけれども…。逆転されたんで、打席が回ってきてサヨナラ打になったんです。実は、大会での初スイングだったんですが、それがサヨナラ打になりました。

新井:3年生の力というか、そんなものが出たんじゃないですか。

佐藤:積み上げてきたメンタルの力が出せたのではないかと思います。

横田:本当に、そうでしたね。何かが打たせてくれました。

このページのトップへ

【次のページ】 1対0で競い勝った浦和学院戦

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
市立川越vs越谷東【埼玉県 2017年夏の大会 第99回選手権埼玉大会】
第504回 【埼玉展望】今年も各ブロックで激戦!浦和学院、花咲徳栄など有力校の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
浦和学院vs市立川越【埼玉県 2017年春季埼玉県大会】
第478回 5月5日は埼玉、兵庫の準決勝に注目!【大会展望・総括コラム】
市立川越vs川越工【埼玉県 2017年春季埼玉県大会】
市立川越vs川口【埼玉県 2017年春季埼玉県大会】
第474回 浦和学院vs聖望学園が実現!注目の好カードを一挙紹介!【春季埼玉大会展望】【大会展望・総括コラム】
市立川越vs川越西【埼玉県 2017年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
第103回 西武文理高等学校(埼玉)【冬が僕らを強くする2017】
第446回 2016年の公立勢の顔となったのはどこ?公立校の躍進を一挙にプレイバック!【大会展望・総括コラム】
第4回 第96回選手権埼玉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
市立川越 【高校別データ】

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム