第66回 仙台二(宮城)「二高史上初」のマネージャーになれたことが自慢!!2018年05月16日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]選手の活躍を近くで見ることができる時間が本当に楽しいす
[2]いなくてもチームは成り立つ、でもいた方がより良くなるべき存在

いなくてもチームは成り立つ、でもいた方がより良くなるべき存在



チームをより良い方向に向かうように奮闘する、鎌倉 有里さん(右)と秋葉 そよかさん(左)

 そんな仙台二のマネージャーを代表して、新3年生の鎌倉有里さんに詳しくお話しを伺いました!
 中学時代はソフトボール部に所属していた鎌倉さん。中学3年の夏に、仙台二の試合(古川工戦)を見たことがきっかけでマネージャーになることを決めたそうだ。チームの勝利に繋がる働きができるマネージャーを目指しており、いつでも臨機応変に動けることを心掛けている。

 日々大変な作業をこなしている鎌倉さんだが、マネージャーという仕事を通じて社交的な人間になることができ、視野も広くなったと話し、自身の成長に手応えを感じてる。臨機応変に動くという心掛けが、鎌倉さんを成長させたのだろう。

 野球部に入ったばかりの頃は、どうすれば良いか全くわからずに挫折しそうになったと語る鎌倉さんでしたが、選手に褒めてもらった時が嬉しいと感じており、それがやりがいになっている。

 そんな鎌倉さんだが、実は仙台二高野球で史上初の女子マネージャーとなれたのだ。史上初であることは、鎌倉さんにとって自慢のエピソードになっており、仙台二を卒業した後も鎌倉さんにとって自慢話になることは間違いないだろう。

 最上級生となり残りわずかとなった高校野球。鎌倉さんは、一言でいうとマネージャーとは「いなくてもチームは成り立つ、でもいた方がより良くなるべき存在」と話す。チームがより良い方向に向かうように、今日も鎌倉さんは奮闘している。

文=編集部

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第65回 蒲郡(愛知)必須アイテムのカメラを片手に、選手を支える!!【頑張る!マネージャー】
第64回 明秀日立(茨城)自分も選手としてLet's give our best!!【頑張る!マネージャー】
第63回 富島(宮崎)縁の下の力持ちとしてチームから頼られる存在に!!【頑張る!マネージャー】
第62回 狭山清陵(埼玉)「マネージャー心得」で戦力として一緒に戦う姿勢を作る【頑張る!マネージャー】
第61回 日本航空石川(石川)「年中無休の笑顔でチームメイトを支える!」【頑張る!マネージャー】
仙台二vs宮城県工【宮城県 2017年春の大会 宮城県大会 地区予選】
古川工vs仙台二【宮城県 2015年夏の大会 第97回選手権宮城大会】
仙台二vs仙台商【宮城県 2015年夏の大会 第97回選手権宮城大会】
角田vs仙台第二【宮城県 2009年夏の大会 第91回宮城県大会】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
仙台二 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム