第55回 東京学館船橋(千葉)「自慢は補食のバリエーションの多さ!これからも頼れる存在でありたい」2017年12月15日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 この秋、千葉の王者に輝いたのは拓大紅陵。その拓大紅陵2回戦であと一歩のところまで追い詰めたのが東京学館船橋だった。最終的なスコアは12対13。あと一歩及ばなかった。
 来年の春、夏と上位進出を目指す東京学館船橋のマネージャーは、日々どんな仕事をしているのか。同校のマネージャーの取り組みに迫った。

自慢の補食はバリエーション豊富!

畔田 佳奈さん

 現在のチームを支えるマネージャーは5人。男子マネージャーの小倉 知也くん(2年)、鈴木 凜くん(2年)と女子マネージャーの畔田 佳奈さん(2年)、目黒 杏奈(1年)さん、千鳥 愛果さん(1年)と男女5人でチームのサポートを行っている。
今回は、マネージャーを代表して畔田 佳奈さんに詳しくお話を伺った。

 主な活動は、選手が飲むジャグの準備、指導者が指導に集中できる環境づくり、部屋の掃除、お客様の対応など多くの仕事を毎日こなしている。
 畔田さんがマネージャーになったきっかけは、「親にすすめられたから」と話す。中学時代は卓球部だったが親のすすめでマネージャーになった畔田さんはここまでを振り返り、「よく話すようになりました。気配りもできるようになりました」と成長できた点があったそうだ。

 日々多く活動がある中で一番楽しい瞬間は「補食を作っているとき」だ。選手たちの体づくりの一環として補食を作っているが、一番うれしいのは「監督さんに『おいしい』と言われることです」という。そして自慢は補食のバリエーションの多さ。炊き込みご飯やバターライスなど多くの補食バリエーションを持っていることも明かし「他校のマネージャーに負けてないと思います」と胸を張る。そんな美味しい補食を食べている選手の笑顔がとても好きだという。

 さらには冬には鍋を作ったり整備車のガソリンを自転車で買い出しするなど変わったことも活動の1つ。多くの作業を行う上で、「選手に『ありがとう』と言われた時や指導者の方に言われる前に動けた時、仕事にミスがなかった時はとてもやりがいを感じます」と日々の活動で心に残っていることも教えてくれた。

 印象に残った試合として秋季大会拓大紅陵との試合を挙げてくれた。
「1-9と負けている状況から諦めずに戦い、一時は逆転しました。とても選手たちが頑張っていたのを覚えています」

 最後に、日々練習に励むチームの選手たちに向けてのメッセージを!
 「この冬の3か月が勝負なので、怪我には充分注意して良い意味で化けましょう!全力でサポートします!」

 畔田さんにこれからどんなマネージャー像を描いているのかを聞くと、「文句を言われない、頼れる存在でありたい」と話した。
 男子マネージャーの小倉くんは今年のチームについて「今年は特に中軸の破壊力がありますし、速球派の投手もいます。非常に楽しみです」と期待を込める。来年は習志野市立船橋といった強豪校が集結する西千葉に区分される東京学館船橋。そんな強豪校たちに負けないパワーをこの冬に力を蓄えるべく、地道なサポートを継続していく。

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第58回 乙訓(京都)「マネージャーも含めてチームやで!強豪公立校を支える6人の女子マネ」【頑張る!マネージャー】
第2回 千葉県は地区割の変更がどう影響するのか??【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第57回 千葉明徳(千葉)「選手のサポートと自立させることも私たちの役割!」【頑張る!マネージャー】
第56回 南風原(沖縄)「選手と一緒に成長できた!これからも必要とされる存在に」【頑張る!マネージャー】
第54回 全国優勝の花咲徳栄(埼玉)の女子マネに直撃!支える立場でも野球部の理念「全員野球」を忘れずに!【頑張る!マネージャー】
拓大紅陵vs東京学館船橋【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会】
東京学館船橋vs国分【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会】
東京学館船橋vs県立船橋【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
成章vs慶應義塾vs東京学館船橋【2017年 練習試合(交流試合)・春】
市立船橋vs東京学館船橋【千葉県 2016年夏の大会 第98回選手権千葉大会】
東京学館船橋 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム