両エースの力投!都立八王子北が逆転勝利!

7月15日、府中市民球場で行われた2試合目、都立東大和南vs都立八王子北の一戦。

 試合展開はすさまじいシーソーゲームになる。まずは2回に都立東大和南が一ゴロの間に1点を先制すると、5回には都立八王子北が安藤 友也の三塁打をきっかけに1点を奪い試合を振り出しに戻す。
その裏に都立東大和南は市川 硬暉の適時右前打で再びリードを奪うと、6回の表に都立八王子北が先発で4番・佐竹 寛斗の適時中前打でまたしても同点に追いつく。

 追いつかれてもまた突き放す。
都立東大和南はその裏、連続四球で出たランナーを先発で9番・福島 涼太のセーフティスクイズでリードを奪うとさらに1番・濱中 達哉の適時右前打でリードを2点に広げた。

 大きなドラマが待っていたのは8回。都立八王子北が仕掛ける。先頭の主将・吉永 将大がこの日2本目となる安打、続く形岡 朋弥も右前打でつなぎ無死二三塁。4番の佐竹はきっちり犠飛を打ち上げ1点差に詰め寄ると、佐野 岳生が適時打、そして9番・西塚 稜がライトへ3点適時三塁打を打ち一挙に5点。試合を決定づけた。

 9回にも1点を加えた都立八王子北が9対4で接戦をものにした。

 この試合は両チームのエースが力投。勝利した都立八王子北の佐竹 寛斗は要所を締め、失点を最小限に抑えた。スライダー、チェンジアップも投げており、的を絞らせなかった。
敗れた都立東大和南の福島 涼太も終盤まではリードを許さないクレバーな投球をした。8回に力尽きてしまったが、称賛に価する投球だった。また佐竹は169センチ、福島は165センチと小柄ながら、この暑さの中9回をよく投げ切った。最後の夏をかけた3年生の意地が出た好ゲームとなった。

■この試合のイニング速報&試合経過もあわせてチェック!

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ