東・鈴木誠也の力投及ばず、岩倉快勝

 都立東は、秋春の1次予選で敗れ、都大会に出場していない。そのため、あまり知られてはいないが、エースの鈴木誠也は、身長187センチと長身で、フォーク、スライダーなどにも威力がある。岩倉打線にどこまで通用するか、楽しみな一戦であった。しかし、鈴木誠は、肩の状態が悪く、自分の投球ができない。それでも悪いなりに、丁寧な投球が光った。

 1回表伊勢 海星が敵失で出塁すると、すぐに二盗。犠打二つであっさり先制した。このあたりの岩倉の攻めは、そつがない。3回表には、4番の今野 宏洋が逆方向に強振すると、ライトスタンドに入る本塁打となった。6回表は、安田拓矢の適時打などで1点。7回には失策が続発し、都立東は3点を失った。

 投げては背番号11の三田 知樹が丁寧な投球で好投、6回まで安打を許さず、2安打の完封であった。三田はエースの市川幸輝とタイプが似ており、互いのライバル意識の中で、実力を伸ばしている。いよいよこれから、甲子園出場をかけての、本当の厳しい戦いが待っている。

 都立東のエース・鈴木誠は、肩痛で厳しいマウンドになったが、気力を振り絞っての投球は、見ごたえがあった。失点は6であったが、安打は4本しか許していない。四死球が8と多かったが、コンディションが良くない中でも、これだけの投球ができるのは、投手としてのレベルの高さを示している。先輩の後姿をみた後輩たちが、気持ちを受け継いでいくだろう。

(文=大島 裕史)


注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ