虎の子の1点を守りきった都立江戸川が東亜学園を降す!

 神宮球場の第二試合。安田学園を降し、勢いに乗る都立江戸川と、ここまで3戦連続で二桁得点で勝ち上がってきた東亜学園の一戦だ。

 試合は都立江戸川髙橋 瑠平(2年)と東亜学園福山 聡史の投げ合いになる。両投手とも得点を与えることなく、試合は中盤戦に突入する。

 試合が動いたのは6回表。都立江戸川は二死から1番南 壮流(2年)が四球で出塁すると、続く2番矢浪隼太(3年)がレフト線への二塁打を放ち1点を先制。都立江戸川が二死からのワンチャンスを見事にモノにする。

 その裏、1点を追う展開になった東亜学園は、二死一、二塁のチャンスを作り、6番片居木謙太の打球はセンターへ。この打球を大関隆也(3年)が足から滑りこんで好捕。都立江戸川が固い守りで、東亜学園に得点を与えない。

 結果的に、この6回の攻防が両校にとっての山場となった。7回以降、両校共にチャンスは作るものの、得点を奪うことが出来ない。

 迎えた最終回、最後の打者を打ち取ると、マウンド周辺に歓喜の輪が出来る。都立江戸川安田学園に続いて、東亜学園を撃破した。

 勝った都立江戸川、先発した高橋の好投に加え、2番手木村耕大(3年)の好投も光った。両投手を中心とした固い守りで虎の子の1点を守り切った。

 敗れた東亜学園は1本に泣いた形となった。得点機は作るものの、あと1本が最後まで出なかった。先発した福山、許したヒットは僅かに4本。与えた四球は1つ。結果的にこの四球が決勝点に繋がってしまっただけに悔やまれる。

 安田学園東亜学園と強豪私立を相次いで撃破した都立江戸川。この旋風がどこまで続くのか注目したい。

(文:編集部)