平 悠真投手(高知)、城田 悠晴内野手(鳴門)

 いよいよ、センバツ出場校発表が近づいてきた。2023年第95回センバツ記念大会の出場校は36校で、27日に発表が予定されている。過去の出場校決定には数々のドラマが生まれ、球児が涙を流し、歓喜に沸いてきた。今年はどんなドラマが待っているのだろうか。94回の出場校発表にまつわる歴史をかいつまんで紹介したい。

 過去、四国で56年ぶりの出場を「逆転選考」で勝ち取った高校があった。1987年のセンバツの選考。当時は、中国地区が3校、四国地区が3校、そして「中国・四国」で1校という一般枠だった。それぞれの地区で、前年の秋季地区大会で決勝に進んだ2チームに、準決勝で接戦を演じた1チームが順当に選ばれる予想で、残る「中国・四国」での1校が注目となった。

 四国では準優勝した明徳義塾(高知)に準決勝で4対9で敗れた鳴門(徳島)、中国では準優勝の広島商に準決勝で1対7で敗れた米子(鳥取)の争いと見られた。しかし、選考の結果、この2校ではなく松山北(愛媛)が選出された。

 松山北は準決勝で敗れた丸亀商(香川)に初戦で3対4の1点差の惜敗をしていた。投手力を含めた実力で勝っていて、地域性も加味されて鳴門より上だった、というのが選考理由だった。松山北は実に56年ぶりの出場。伝統の公立校が「逆転選考」される結果となった。

 今年は記念大会で四国地区が1枠増えて、2枠から3枠となる。昨年秋の四国大会は英明(香川)が5対4で高松商(香川)を破って優勝した。決勝進出校は香川2校となるが、ここは順当に選ばれるだろう。注目の3校目の候補は、4強の鳴門(徳島)と高知(高知)が挙がる。ともに準決勝は接戦で敗れ、結果だけでは甲乙つけがたい。例年通りに「中国・四国の1枠」もあるため、四国からの4校出場も実現するかもしれない。

 中国地区は例年通りに2枠。昨年秋の中国大会では広陵(広島)が決勝で(山口)に13対0の大差をつけて優勝した。29年ぶりの中国大会出場と、快進撃を見せたにとっては、ややマイナス材料となってしまったが、順当に決勝進出の2校が選ばれるのだろうか。それとも、4強に入った鳥取城北(鳥取)と高川学園(山口)の逆転選考があるのか。「中国・四国の1枠」もからんでくるだけに、こちらも選考から目が離せない。