明治神宮大会が終わり、2022年の高校野球のイベントは終了した。今年も全国の球児たちが全力を尽くしたプレーで多くの熱いドラマを演じ、高校野球ファンを魅了してきた。球児たちの今年の頑張りを各都道府県ごとに振り返ってみたい。

 愛知県といえば「愛知私学4強」という言葉があり、中京大中京愛工大名電東邦享栄の4チームのことを指す。愛知ではこの4強が常に上位にいて、レベルの高い争いをしていることが多い。今年については愛工大名電東邦が愛知県を引っ張ったといえる。

 春と夏に決勝で対戦し、春は東邦、夏は愛工大名電が勝利した。愛工大名電有馬 伽久投手(3年)がチームを引っ張り、甲子園でも好投を見せ8強に導いた。夏の決勝でも投げ合った東邦宮國 凌空投手(2年)は秋にチームを優勝に導くなど、享栄の東松 快征投手(2年)も含めて、好投手が活躍した年でもあった。

 来年は宮國と東松の戦いとなるのだろうか。それとも中京大中京の巻き返しがあるのか。はたまた、秋準優勝と躍進した至学館のように、4強以外のチームの台頭となるのか。戦国愛知の行方は来年も目が離せない。

 また春と秋に全三河、全尾張、尾東と3地区による大会も今年は激戦が見られ、レベルアップが図られた。

▽2022年愛知県代表の甲子園成績

★センバツ 出場なし

★夏甲子園
愛工大名電 8強
1回戦〇14-2 星稜(石川)
2回戦〇6-5 八戸学院光星(青森)
3回戦〇5-2 明豊(大分)
準々決勝●2-6 仙台育英(宮城)

▽愛知県2022年主な大会記録

【春季】
優勝 東邦
準優勝 愛工大名電
4強 豊川
  星城
8強 享栄
   愛知啓成
   西尾東
   愛知商

【選手権】
優勝 愛工大名電
準優勝 東邦
4強 愛知啓成
   享栄
8強 星城
   中部大春日丘
   豊川
   富田

【秋季】
優勝 東邦
準優勝 至学館
3位 愛工大名電
4強 中京大中京
8強 刈谷
   星城
   大府
   豊川

【全三河】
<春季>
優勝 愛知産大三河
準優勝 豊田大谷

<秋季>
優勝 愛知産大三河
準優勝 桜丘

【全尾張】
<春季>
優勝 
準優勝 半田

<秋季>
優勝 愛知啓成
準優勝 大府

【尾東】
<春季>
優勝 中部大春日丘
準優勝 栄徳

<秋季>
優勝 星城
準優勝 中部大一

【1年生大会】
優勝 享栄
   愛工大名電
3位 中京大中京
   大府
(決勝、3位決定戦は雨天中止で両校が優勝と3位)