試合レポート

【関西六大学】大阪商業大の剛腕サイドが2安打完封!6回までは完全投球

2024.04.27


2安打完封勝利を果たした大阪商業大の鈴木豪太

<関西六大学野球連盟春季リーグ戦:大阪商業大1-0京都産業大>◇26日◇第4節1回戦◇ほっともっとフィールド神戸

リーグ5連覇を狙う大阪商業大が開幕5連勝。3回表に一死一、三塁から3番・綛田 小瑛(3年=東海大相模)のセーフティスクイズで奪った1点を守り切った。

大阪商業大は先発の鈴木 豪太(3年=東海大静岡翔洋)が立ち上がりから絶好調。「腕がどの球種でも振れていた」と球速表示では140キロ台前半ながらもスピンの効いたストレートを投げ込み、京都産業大打線を抑えていく。今年から投げ始めたフォークも冴え、6回まで一人も出塁を許さなかった。

大記録達成の予感も漂い始めた7回表、「意識していないと言ったら嘘になります」と鈴木自身も完全試合を狙うようになっていた。しかし、一死から2番・河渕 巧(3年=市立和歌山)に右越えの三塁打を打たれてしまう。

完全試合を逃し、一打同点のピンチを招いたが、「ヒットを打たれてからはチームが勝つようなピッチングを心がけました」と後続を断ち、無失点で乗り切る。

疲れが見え始めた終盤は制球にバラツキが見え始めるも要所を締めて見事に完封。117球を投げて、2安打3四球4奪三振という内容だった。

高校時代は上手投げだったが、大学に入学して間もない頃に富山陽一監督の勧めで横手投げに転向。「大阪商業大で生き残るために」と受け入れ、1年生の秋からチームに欠かせない戦力として活躍してきた。

昨年までは上田 大河(西武)や高 太一(広島)がいたこともあり、中継ぎで起用されてきたが、今年は先発としてチームを支えている。完封は13日の龍谷大戦に続いて2試合連続の快挙だ。「良いお手本が一番近くにいて下さったので、追い越せるように頑張っていきたいです」とプロ入りした先輩の後を追い、さらなる高みを目指す。

敗れた京都産業大は先発の田村 剛平(3年=報徳学園)が5回1失点、2番手の野原 元気(2年=塔南)が4回無失点とそれぞれ好投。田村は最速147キロ、野原は最速148キロを計測しており、今後が楽しみだ。

 

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.22

阪神・佐藤がフェンス直撃のタイムリー!昨日のHRに続き今日もバットで結果!再昇格へ連日アピール!

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?