2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 来年センバツ出場選考の参考資料となる秋季東北地区大会は26日、決勝戦を行い、花巻東(岩手)が4対1で聖光学院(福島)を破り初優勝した。

 花巻東は初回から好調の打線に火が付いた。二死二塁のチャンスで4番 田代 旭が中越え適時二塁打で先制すると、続く5番 小澤 修が中前へ適時打を放って2対0とした。

 2回に1点を返されたが、5回は「主砲」のバットが快音を放った。二死一、二塁のチャンスを作ると、高校通算47発男、1年生3番 佐々木 麟太郎が初球を放って左中間へ2点適時二塁打を放って突き放した。

 投げては先発の北條 慎治から、菊池 興洋工藤 翔大と継投で内野ゴロの間の1失点に抑え、そのまま4対1の逃げ切り。大先輩の大谷 翔平もできなかった初の東北大会優勝を果たした。

 花巻東は11月20日開幕の明治神宮大会(高校の部)への出場が決まった。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・結果
第74回 秋季東北地区高等学校野球大会

■10月26日の試合結果

第74回 秋季東北地区高等学校野球大会

第74回 秋季東北地区高等学校野球大会
決勝 花巻東    4  -  1    聖光学院 石巻市民球場 応援メッセージ