News

今井達也(西武)は”ポスト山本由伸”一番手なのか? ここまで4試合、圧巻の投球を続ける

2024.04.20


今井達也(西武) ※写真は過去の取材より

西武の今井 達也投手(作新学院出身)が、19日の楽天戦で先発し、7回を投げて5安打1失点で今季2勝目をマークした。3月29日に開幕投手を務めた開幕戦(対楽天)で挙げた勝利以来となったが、パ・リーグ投手部門をリードする役目として開幕ダッシュに成功している。

ここまで4試合に登板、2勝0敗。28回を投げて、奪った三振は34。奪三振率は10.93にも上る。失点はわずか3で、自責点は2。防御率は0.64と、抜群の安定感を誇っている。

パ・リーグ投手部門では、勝ち星と防御率でオリックス・エスピノーザ(3勝、防御率0.45)とトップ争いを演じ、勝率10割はトップタイ、三振数では単独のトップと、投手タイトル部門をけん引している。このペースを保つことができれば、ドジャースに移籍した元オリックス・山本 由伸投手(都城高出身)の「後継者」として、「投手四冠獲得」に一番近い存在としてクローズアップされてきそうだ。

今井は現在、180センチ、82キロ。2016年ドラフト指名直後は70キロだった体重は、10キロ以上も増えた。下半身はもちろんのこと、上半身もがっちりとした体づくりに成功。作新学院(栃木)時代は体いっぱいを使って150キロをマークしていたが、今や、軽々と150キロを投げられるまでになった。サイズアップの成功は、最速159キロにつながるなど、確実に結果に結びついている。

開幕投手としてスタートを切った2024年シーズン。夏の甲子園優勝右腕でもある8年目の今井が大きく飛躍しそうな予感がしてきた。

<関連記事はこちら>
・山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!
・西武の開幕投手は初の今井達也、現役の甲子園優勝投手で5人目の大役
・人的補償で西武移籍・甲斐野央に心強い仲間! 先発の柱・松本航との「深い縁 」

 

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.22

阪神・佐藤がフェンス直撃のタイムリー!昨日のHRに続き今日もバットで結果!再昇格へ連日アピール!

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?