News

西武の開幕投手は初の今井達也、現役の甲子園優勝投手で5人目の大役

2024.03.29


今井達也 ※写真は過去の取材より

2024年のプロ野球が29日に開幕。西武は今井 達也投手(作新学院出身)が自身初となる開幕投手を務める。今井は昨シーズン規定投球回に到達しなかったが、チーム2位タイとなる10勝をマーク。防御率2.30と安定した投球を見せた。とくに7月以降は12試合全てでQSを達成。そのうち11試合でHQS(7回以上自責点2以下)と投手陣を引っ張った。開幕投手として申し分のない成績を残している。

今井は2016年夏の甲子園で作新学院(栃木)のエースとしてチームを優勝に導いた。西武は昨年の髙橋 光成投手(前橋育英出身)に続いて夏の甲子園優勝投手が開幕投手を務めることになった。

現役の夏の甲子園優勝投手は7人いるが、開幕投手を務めるのは、楽天・田中 将大投手(駒大苫小牧出身)、メッツ・藤浪 晋太郎投手(大阪桐蔭出身)、中日・小笠原 慎之介投手(東海大相模出身)、そして髙橋に続いて5人目となる。ちなみに残り2人は中日・清水 達也投手(花咲徳栄出身)と日本ハム・柿木 蓮投手(大阪桐蔭出身)だ。

過去には松坂大輔も西武で開幕投手を務めている。松坂は2000年から2005年まで6年連続で開幕投手を任された。6年連続開幕投手は球団記録だ。一方、最多先発は東尾修の10度。1984年から1987年の4年連続が最長だった。西鉄時代の大エース稲尾和久は1960年から1963年まで4年連続4度の開幕投手を務めている。

夏の甲子園優勝投手の先輩である松坂は、自身初の開幕戦で勝ち負けはつかなかったものの7回3失点と好投。西武は延長戦の末に勝利した。髙橋も初の開幕戦では8回途中3失点と結果を残し勝利投手となった。今井も先輩2人のように初の大役でチームを勝利に導くことができるだろうか。

<西武の過去10年の開幕投手>
※2024年は予定

2014年:岸 孝之名取北出身=現・楽天)
2015年:牧田和久
2016年:菊池 雄星花巻東出身=現・ブルージェイズ)
2017年:菊池 雄星
2018年:菊池 雄星
2019年:多和田真三郎
2020年:Z.ニール
2021年:髙橋 光成前橋育英出身)
2022年:髙橋 光成
2023年:髙橋 光成
2024年:今井 達也作新学院出身)

この記事の執筆者: 勝田 聡

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】