2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 福岡県秋季大会は24日、決勝を行い、九州国際大付が13対1で福岡第一を下し、2季連続6回目の優勝を果たした。

 1回に野田 海人(2年)の2ランなどで3点を先制すると、打線が大爆発。結局4発15安打13得点で福岡第一を下した。投げては背番号2の野田捕手が先発。公式戦2戦目の先発で4安打1失点、初めての完投勝利を挙げての快勝だった。

 3位決定戦では、延長12回の激戦の末に自由ケ丘が9対8で飯塚を下した。9回に2点差を追いつかれて延長戦に突入。11回には2点を奪われた裏に2点を取り返し、12回も2点を奪われたが3点を奪って逆転サヨナラ勝ちした。

 九州国際大付福岡第一は来年センバツ出場選考の参考資料となる秋季九州大会(11月6日開幕、鹿児島)に出場する。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・応援メッセージ
第149回 九州地区高等学校野球 福岡県大会

■10月24日の試合予定

第149回 九州地区高等学校野球 福岡県大会

第149回 九州地区高等学校野球 福岡県大会
決勝 九州国際大付 13  -  1    福岡第一 北九州市民球場 応援メッセージ
3・4位決定戦 自由ケ丘    9  -  8    飯塚 北九州市民球場 応援メッセージ