いきなり実現した東西の名門対決

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2021.02.21

江口 奨理(浦和学院)と高橋 奎二(龍谷大平安)

 2月23日に迫った今春のセンバツ大会の抽選会。高校野球界にとっては2年ぶりの球春到来に首を長くして待っているファンも多いだろう。今回は抽選会にちなみ、過去大会で注目の初戦カードとなった試合を紹介していく。

 2015年の第87回大会では直近での優勝校対決が実現した。大会3日目の第3試合で2014年優勝の龍谷大平安と2013年優勝の浦和学院が激突。名門対決にふさわしく両者一歩も譲らないがっぷり四つの試合が繰り広げられた。

 両校ともに主戦左腕を擁した。龍谷大平安高橋 奎二は優勝を飾った前回大会でも4試合に登板しており経験豊富だ。一方浦和学院江口 奨理は秋の公式戦ではは13試合に登板して8完投、5完封と驚異の安定感を誇った。

 その両左腕が力を発揮する。江口は9回まで被安打3無失点と圧巻の投球を披露し、高橋も8安打を喫すも後続を断ち得点を与えなかった。試合は延長戦に突入し、10回は両者三者凡退で終わる。そして迎えた11回、浦和学院は2死二塁から7番・荒木 裕也、8番・西野 真也の連続適時打で2点を先制。ここまで好投の高橋からこの試合初の2連打で均衡を破った。その裏江口は三者凡退で締め、2013年覇者・浦和学院が2時間08分の激戦を制した。

 今大会は8校の優勝経験校が出場。その内、大阪桐蔭(2012年、2017年、2018年)、東海大相模(2011年)、敦賀気比(2015年)、智辯学園(2016年)が近年で優勝を果たしている。対戦となれば注目を集めそうだ。

関連記事
【写真】右足を顔の前まで上げる高橋 奎二の投球フォーム
今年は何校?V経験校の顔ぶれ
17年名カード 早実対明徳

【関連記事】
【選抜】ウェブのみで8日から入場券の発売決定 【ニュース - 高校野球関連】
選抜甲子園に出場するU-15代表経験者 【ニュース - 高校野球関連】
第172回 2年生だけで通算本塁打230本超。超強力打線・健大高崎を作り上げる打撃理論と練習法【前編】【野球部訪問】
第175回 智辯和歌山の大砲、中学時代から騒がれた怪腕などセンバツを逃した逸材たち【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第173回 鈴木誠也タイプのアスリート型外野手、北の速球王などセンバツを逃した逸材たち【東日本編】【ドラフト特集コラム】
第1029回 真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名【大会展望・総括コラム】
第1029回 高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名【大会展望・総括コラム】
横浜隼人vs東京実vs滑川総合【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
常総学院vs浦和学院【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
智辯学園vs龍谷大平安【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
龍谷大平安vs山田【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
龍谷大平安vs乙訓【京都府 2020年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第1198回 奥村真大(龍谷大平安)はなぜプロ志望を公言したのか?そして狙うは「兄超えの一流選選手」【後編】 【2020年インタビュー】
第1195回 3世代で甲子園を経験!奥村真大(龍谷大平安)の持ち味は類まれな勝負強さ【前編】 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
センバツ2021
江口 奨理(浦和学院) 【選手名鑑】
高橋 奎二(龍谷大平安) 【選手名鑑】
西野 真也(浦和学院) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
”ハマの大砲”候補は今年こそ!
次の記事:
やはり別格!ドラ1・早川隆久が3奪三振の快投!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る