試合レポート

四国IL・徳島インディゴソックスの高卒ルーキー3投手がデビュー!野手でも敦賀気比出身の高卒スラッガーが豪快弾で福岡ソフトバンクホークス4軍に快勝!

2024.05.12


デビュー登板で自己最速タイ146キロ・2回4奪三振無失点の高橋 快秀投手(多度津)

昨年まで11年連続ドラフト指名選手を輩出し独立リーグ界「虎の穴」として世間一般からも認知されつつある徳島インディゴソックス。

今季は四国アイランドリーグplusの前期公式戦で19試合を終え14勝4敗1分。2位の高知ファイティングドックスに6ゲーム差を付け2022年後期からの4季連続Vへの独走態勢に入っている。それだけでなく、1年目の工藤 泰成投手(名桜-東京国際大)、川口 冬弥投手(東海大菅生-城西国際大-ハナマウイ)、2年目の杉本 幸基投手(大垣日大-日本大)や3年目の石川 槙貴投手(鹿児島城西-九州共立大)といった右腕陣が登板のたびに150キロ超をマーク。12年連続ドラフト指名へも順調な歩みを進める彼らは、5月11日(土)徳島県徳島市のむつみスタジアムに福岡ソフトバンクホークス4軍を迎え交流戦を戦った。

この一戦は練習試合扱いとなるため、25人を上限とするリーグ登録外選手も出場が可能。そこでオリックス・バファローズ、横浜DeNAベイスターズで2軍監督を務めた徳島・岡本 哲司監督はNPB球団と対戦できる貴重な機会を活かすべく、3人の高卒ルーキー右腕を実戦デビューさせることに。先発の最速153キロ右腕荒木 陵之介投手(伊勢崎清明-東京国際大)はこの日最速となる149キロの力強いストレートと、130キロを超えるチェンジアップを自在に投げ分け3回3安打無失点と流れを作った後、期待のフレッシュマンたちが次々とマウンドに上がった。

4回表に登板したのは、最速146キロのストレートとベース上で大きな曲がり幅を見せるスライダーを武器とする髙橋 快秀投手(多度津)が登板。本人は「もうちょっと変化球に曲がり幅が出れば」と反省しつつも、先頭打者の強烈なライナーを加藤 響内野手(東海大相模-東洋大<在学中>)の好守備にも救われ、2回打者6人をパーフェクトリリーフ。4者連続三振の軸となった自己最速タイ146キロのストレートと130キロを超えるスイーパーは、前期中の公式戦起用も十分見込まれる絶品の内容だった。

続いて6回表からは高校3年時夏に最速148キロを叩き出した篠崎 国忠投手(修徳)がマウンドへ。191センチの長身右腕は、7回表には折からの強風によるアンラッキーな2安打もありながら、押し出し四球で1点を失う。それでも大型左スラッガーとして昨年の甲子園でも話題を集めた4番・佐倉 俠史朗内野手(九州国際大附)に対しては「ストレートで押して差し込めた」と、最速143キロ以上の重いストレートで2打席凡退に仕留めることに成功。「いい緊張感で投げられた」長身右腕のこれからに期待したい。

そして8回表は最速145キロ、遊撃手との二刀流としても才覚を見せた身長184センチの善家 朗投手(宇和島東)が1イニングで登板。福岡ソフトバンクホークス4軍の高卒ルーキー・藤田 悠太郎捕手(福岡大大濠)に2点三塁打を浴びるなど持ち味を出すことはできなかったが「よく覚えていない」ほどの過緊張状態をこの時期に経験したことは、今後の糧となるだろう。

なお試合は、6回裏にこれもルーキーの6番・佐伯 大優内野手(敦賀気比)の2ランなどで6点を奪った徳島インディゴソックスが6対3で福岡ソフトバンクホークス4軍に快勝。「まずはみんな投げられてよかった」岡本監督の笑顔は、選手層の厚みがさらに増したと同時に、新たなドラフト候補が登場した手ごたえにあふれていた。

この記事の執筆者: 寺下 友徳

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.16

元日ハム・飯山ジュニアの好投で修徳快勝! 双子の弟はセンバツ4強捕手、兄は元大学日本代表【24年夏・東東京大会】

2024.07.16

愛媛で宇和・渡部がノーヒットノーラン達成!帝京五を破る【2024夏の甲子園】

2024.07.16

茨城では土浦日大、水戸商、水城のシード3校が初戦突破!【2024夏の甲子園】

2024.07.16

富山中部が8回コールド勝ち、高岡南-魚津工戦は継続試合【2024年夏の甲子園・富山】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」