Column

2年目で覚醒の兆しを見せる村松開人(中日)!派手さはなくても、「順応力」は学生時代からずば抜けていた!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.19』】

2024.05.12


明治大時代の村松開人

皆さん、こんにちは!! 『高校野球ドットコム』の河嶋です! 今回は中日期待の2年目・村松 開人内野手(静岡-明治大)を取り上げていきたいと思います。1年目から98試合に出場して、2年目は30試合に出場して、100打数33安打、打率.330を記録し、覚醒の兆しを見せる。
振り返れば、プロ入りするまで、高校、大学でもしっかりと順応して活躍出来る選手でした。

明治大で活躍するために目指してきたのは「確実性」

村松選手は中学硬式の強豪・島田ボーイズ出身で県内から注目される選手でしたが、名門・静岡に進みます。その理由は、兄の遼太朗投手が静岡OBだったこと。また、村松選手の中学3年生の時は堀内 謙伍捕手(楽天)、鈴木 将平外野手(西武)などがいた超強力打線として春夏連続で甲子園出場していました。静岡高校の入学が決まると、1年生から主力選手となり、2年生となった17年のセンバツ出場。そして翌18年のセンバツにも出場します。当時からバットコントロールもよく、軽快な遊撃守備を見せていた選手でした。ただ当てるだけではなく、しっかりと振り抜いて強い打球を飛ばしていました。

静岡は基本的に進学の方針ですが、村松選手は高卒プロを目指していました。ただ、足首を骨折したため、プロ入りを断念。それでも明治大から推薦入学が決まり、大卒プロを目指しました。

明治大に進学すれば、先輩、同級生、後輩にも高校野球で活躍してきた逸材たちがライバルになります。大学2年まではレギュラーを奪うことはできませんでしたが、その中でも村松選手は技術的にも、肉体的にもパワーアップしていました。高校から体重も10キロ増。高校時代、怪我がちだったため、柔軟性を高めるためのトレーニングを行いました。そして守備では、確実性を意識し、捕球ドリルを何度も繰り返し、上達を見せました。22年1月に村松選手の取材を行いましたが、取材日の練習では他の選手と比べても持ち替えの速さが誰よりも速かったことを覚えています。

大学3年春から怪我した4年春を除くと、すべて打率3割以上を残しました。東京六大学で他の選手たちに負けないために「確実性」が生きる道だと考えました。
「東京六大学で活躍するのは、安定して結果を残せることが大事だと思っていて、自分のような選手には、安定的な守備を見せたり、打撃でも打率を残したりすることが、大事だと思っています。明治大では、どういう選手になるべきなのかを想像して取り組んできました」

明治大時代の村松開人

次のページ:神宮大会決勝戦では優勝を決めるファインプレー

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.19

夏の兵庫大会のヒーロー候補21人!報徳学園・今朝丸、神戸弘陵・村上の「151キロ右腕二人」が筆頭格!投打にタレント揃いの東洋大姫路にも注目

2024.06.19

【福島】日大東北が延長10回サヨナラ勝ちで優勝、全日程を終了<春季支部選手権大会>

2024.06.19

【山梨】20日に抽選会!県内10連勝の山梨学院が軸、日大明誠、駿台甲府が追う<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.19

【熊本】20日に抽選会!熊本国府のほか、文徳、九州学院、専大熊本玉名にもチャンス<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.19

ノーシード大分商が初戦勝てばシード大分舞鶴と対戦、大分初の夏4連覇を狙う明豊は初戦で148キロ右腕と対戦も【2024夏の甲子園】

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.14

慶應&大阪桐蔭が四国の5チームに伝えた「全国で勝つための方法」とは!? 香川・徳島招待試合がもたらした財産

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.25

首都2部優勝の武蔵大の新入生に浦和学院の大型左腕、左の強打者、昌平の主軸打者など埼玉の強豪校の逸材が入部!

2024.05.24

春季近畿大会注目選手17人! 智辯和歌山の大型右腕、大阪学院大高の全国トップレベル遊撃手、天理のスラッガーコンビら逸材がこぞって出場!