智辯和歌山史上最高打者・西川遥輝(北海道日本ハム)は史上初のメジャーリーガーになれるのか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.24


西川遥輝(智辯和歌山-北海道日本ハム)

 西川 遥輝智辯和歌山出身)のポスティングシステムでMLB挑戦を正式表明した。西川は智辯和歌山出身では史上最高打者といっていいだろう。1097試合に出場し、1128安打、51本塁打、346打点、287盗塁はいずれも智辯和歌山の出身選手では最多だ。

 もちろんMLBでメジャー契約が実現すれば、智辯和歌山史上初のメジャー・リーガーとなる。果たして西川を獲得する球団は現われるのか。

関連記事はこちら!
西川遥輝が語る盗塁技術のポイント
そのスイングはまるで福留孝介。そして父を超えるセカンドを目指す! 黒川史陽(智辯和歌山)【前編】
兄のリベンジを胸に名門の扉を叩いた超強肩捕手 東妻純平(智辯和歌山)【前編】

【関連記事】
【智辯和歌山スタメン一覧】徳丸天晴を中心に高い総合力 近畿大会のスタメンと選手層を分析 【ニュース - 高校野球関連】
高校通算36本塁打の主砲、全国経験した遊撃手など日体大新入生は投手だけではなく、野手も逸材揃い! 【ニュース - 高校野球関連】
第8回 「長距離走は必要?」元プロ日体大コーチが語る投手の基礎体力の重要性と練習メニュー vol.2【技術ノート 投手編】
第1033回 「ゴツく見える」現役球児が憧れるユニフォーム1位に輝いたのは?【球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第7回 松本航、東妻勇輔ら3年間で4人の大卒プロ投手を輩出した投手王国・日体大が実践する投手トレーニング vol1【技術ノート 投手編】
第162回 交流試合の躍進に馬淵監督が語った「生き方」 四国地区高校野球・2020年の3大ニュース【高校野球コラム】
第28回 卒業生1位は今年復活を遂げたあのスター!2020年選手名鑑人気ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1283回 真の4番打者へ。元プロの指揮官が分析するスラッガー・徳丸天晴(智辯和歌山)の課題 【2020年インタビュー】
市立和歌山vs智辯和歌山【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs東海大仰星【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
尽誠学園vs智辯和歌山【2020年甲子園高校野球交流試合】
智辯和歌山vs日高【和歌山県 2020年夏の大会 高校野球和歌山大会】
智辯和歌山vs市立和歌山【和歌山県 2020年夏の大会 高校野球和歌山大会】
第1224回 持ち味は高校生レベルを超えたスピード感あふれるプレー 巧打者・細川凌平(智辯和歌山)が掲げるビジョン 【2020年インタビュー】
第1223回 世代トップクラスの剛腕・小林樹斗(智辯和歌山)は昨夏の米子東戦以上のインパクトのある投球を見せることができるか 【2020年インタビュー】
第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
東妻 勇輔(智辯和歌山) 【選手名鑑】
小林 樹斗(智辯和歌山) 【選手名鑑】
智辯和歌山 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【春季兵庫県大会地区予選】続々と地区代表決定!阪神地区の熱戦2試合をレポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る