9月に入って各都道府県で秋季大会が開かれ、連日熱戦が繰り広げられた。その戦いの中、各地で新勢力が現れたが、どんなチームがいるのか。今回は九州・沖縄を中心に勝ち残っている新勢力を見てみたい。

【福岡】
祐誠北筑

【佐賀】
東明館敬徳

【大分】
津久見臼杵

【長崎】
佐世保高専川棚西海学園瓊浦長崎西

【熊本】
開新

【宮崎】
都城工宮崎商

【鹿児島】
国分伊集院吹上

【沖縄】
日本ウェルネス与勝球陽具志川商

 激戦区・福岡で注目なのは祐誠北筑の2校。祐誠は夏の独自大会でも筑後地区で準決勝まで勝ち上がっていたが、新チームでも勢いそのままに勝ってきている。横浜DeNA・今永 昇太に母校でもある北筑も、夏の大会では結果を残していたが、新チームでも上位まで勝ち上がってきた。

 佐賀の敬徳も独自大会では準優勝という大きな結果を残していたが、今大会でもベスト8まで勝ち残り、存在感を発揮。一方で夏は2回戦で敗れていた東明館は、新チームになって一気に上位進出となった。

 大分では夏の独自大会で頂点に立った津久見が秋もベスト8まで勝ち残ると、長崎では佐世保高専をはじめとした学校が勝ち上がっている。ベスト8まで出揃った熊本では開新が躍進を見せている。

 鹿児島はベスト8が決まった吹上を筆頭に、国分伊集院の勝ち上がりが目立ち、沖縄は創部3年目を迎え、春に興南を破り注目を浴びた日本ウェルネス具志川商が存在感を示している状況だ。

 果たしてどこまで勝ち上がることが出来るのか。今後も大会から目が離せない。