森下暢仁(大分商出身)と投げ合った吉田大喜(大冠出身)先発の一角を担う投手になれるか

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.09.21

吉田大喜(大冠出身)

 19日、学生野球の聖地とも称される神宮球場で、東京ヤクルト・吉田 大喜大冠出身)と広島東洋カープ・森下 暢仁大分商出身)の投げ合いが実現。勝敗はどちらにもつかなかったが、大卒ルーキー同士の投げ合いに注目は集まった。

 森下は既に新人王候補にも名を連ねるだけの結果を残しており、ドラフト1位の実力を存分に発揮している。そんな森下と投げ合った吉田の今シーズンの成績は以下の通りだ。


10試合登板 48.2回、打者220人、被安打56、奪三振39、与四死球25、失点26、自責点26 
防御率4.81、奪三振率7.21

 ファームでも登板している吉田は2勝を挙げており、2軍では実績を残している。そんな吉田の特徴は角度の付けたボールではないだろうか。

 セットポジションから始動していき、左腕でしっかり目標を定めながら重心移動。右腕は下ろしたまま状態から着地するタイミングで一気に引き上げて振り下ろす。伸びのあるストレートは大冠時代から光っており、高い評価を受けていた。それはこのフォームだからこそ、キッチリとスピンをかけられた、伸びのあるボールになっていると考えられる。

 ここまでは1勝4敗と即戦力として期待されながらも、負けが先行している状態。それでも投げ込むボールは高いクオリティーで、潜在能力はやはり高い。ヤクルトといえばドラフト1位・奥川 恭伸星稜出身)に注目が集まりがちだが、ともに将来のローテーション候補であろう吉田の投球もしっかりと追いかけていきたいところだ。

【関連記事】
社会人NO.1投手・栗林良吏など上位5人は投手指名。広島カープは来季へ立て直しとなるか? 【ニュース - 高校野球関連】
森下暢仁が球団6年ぶりの新人王へ前進!矢崎拓也は初登板であわや大記録【広島東洋 ドラ1選手のルーキーイヤー】 【ニュース - 高校野球関連】
花咲徳栄vs大分商【2020年甲子園高校野球交流試合】
第1217回 九州の豪腕から「全国屈指の豪腕」へ。最速148キロ右腕・川瀬堅斗(大分商)の決意 【2020年インタビュー】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
明豊vs大分商【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
第1034回 笠谷俊介に柳裕也、ドラ1候補・森下暢仁(明治大)のプロ入りへの意思を明確にした類まれな環境 【2019年インタビュー】
第1056回 府内屈指の右腕を日本代表入りの怪腕にさせたドラ1先輩のアドバイス 吉田大喜(日本体育大学) 【2019年インタビュー】
第953回 東京大相手に20奪三振の圧巻劇!明治大エース・森下暢仁は熱さの中に冷静さを持ち合わせていた 【2019年インタビュー】
大分商vs鹿児島城西【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
第820回 まさかの日本代表選出から始まった超一流投手への道 森下暢仁(明治大) 【2018年インタビュー】
大阪商大堺vs大冠【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪桐蔭vs大冠【大阪府 2017年夏の大会 第99回選手権大阪大会】
黒田博樹 世界を制する投球術
森下 暢仁(大分商) 【選手名鑑】
吉田 大喜(大冠) 【選手名鑑】
大分商 【高校別データ】
大冠 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
名球会3人輩出の可能性?現役最多・日米通算174勝の田中将大ら88年世代ドラ1の現在地
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る