7月18日から開幕する、令和2年度夏季兵庫県高等学校野球大会の組み合わせが決定した。

 ベスト16までは地区単位のトーナメントで開催される今大会だが、昨秋の県大会優勝校・報徳学園は第1ブロックに入り、県立西宮と対戦すること決定した。

 そして昨秋は県大会準優勝だったが、近畿大会で8強に入った第10ブロックの明石商高砂と対戦することが決定。昨夏の兵庫大会準決勝でも対戦した両校が再び相まみえる一戦は注目が集まる。

 さらに3位に入った神戸国際大附は第6ブロックに入り、初戦の相手は須磨友が丘となり、そして秋の県大会でベスト4に入った長田は第8ブロックで兵庫と対戦が決定。そこを勝つと育英葺合の勝者と対戦する。また同ブロックには須磨翔風がおり、緊迫の試合が繰り広げられることが考えられる。

 大会は7月18日から開幕し、県大会出場校が決まれば再度抽選会が行われる。そして秋季大会の地区予選が早ければ8月16日から始まるため、今回の大会は8月7日に終了することとなっており、決勝戦が行われない可能性もある。

■結果詳細・応援メッセージ
令和2年度夏季兵庫県高等学校野球大会