夏の甲子園 戦後初の中止決定へ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.20

 5月20日、日本高等学校野球連盟は第102回全国高等学校野球選手権大会の運営委員会を開催し、新型コロナウイルスへの感染対拡大を受け、その対応策を協議した結果、大会中止を決定した。そして、続いて行われる理事会で正式決定される。

 

関連記事
11日15時よりセンバツ臨時運営委員会。大規模イベント自粛、延長要請がどう影響するのか?
東日本大震災から9年。2011年のセンバツではどんな方式で大会が行われ、選手宣誓されたのか?
選手たちの体調を最優先に。選抜出場校それぞれが慎重な姿勢で今後の予定を立てる

【関連記事】
7月4日、沖縄独自大会開幕!興南、沖縄尚学、春4強の初戦の相手を紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
明日7月4日から沖縄独自大会開幕!初日から興南、さらには昨秋の準優勝vsベスト4対決も! 【ニュース - 高校野球関連】
第7回 「出来るように取り組むのが責任」 福島県高野連は選手の想いを叶えるべく尽力する【独自の地方大会特集】
第5回 「高校野球のバーチャル開会式」で加盟校の入場行進が実現!石川モデル第二弾の背景に被災地への思いも【独自の地方大会特集】
第6回 北海道高野連「夏季北海道高等学校野球大会」開催に向け準備進む【独自の地方大会特集】
第4回 離島の多さもハードルの一つに 長崎県高野連・黒江理事長が語る独自大会への構想【独自の地方大会特集】
第3回 全国最多の規模を誇る愛知の独自大会へ向けての構想【独自の地方大会特集】
第4日目 雨天中止:選手コメント【2010年選抜大会 第82回選抜高校野球大会】
コメント (1)
悲しすぎる2020.05.20 i7
3年生にとって最後の春、夏をどちらとも奪ったコロナは許せない。

コメントを投稿する

次の記事:
創部1年で選抜初出場!野山 慎介主将が選手宣誓を務めた2011年の創志学園ナインのその後を紹介!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る