昨年明治神宮大会優勝の慶應義塾大の新入生10名が東京六大学HPで10名が公開された。まず顔ぶれは以下の通り
【投手】
梶谷 直史(慶應藤沢
谷村 然桐光学園
森下 祐樹米子東
【捕手】
茂渡 青湖(慶應藤沢
宮崎 恭輔國學院久我山
善波 力慶應義塾
【内野手】
小川 尚人三重
廣瀬 隆太慶應義塾
【外野手】
齋藤 來音静岡
吉川 海斗慶應義塾
今年の新入生について堀井監督は「力がありますよ。まだまだ覚えることはたくさんありますが、実力面はかなりのものがあります」と高く評価する。

 谷村 然桐光学園)は140キロ前後の速球を投げ込む大型右腕。この4年間でスケールアップすれば、150キロ前後も期待できる逸材。森下 祐樹米子東)も伸びのある130キロ前半の速球、切れのあるスライダー、チェンジアップを駆使する技巧派。力強い腕の振りをしており、体の成長で一気に伸びる可能性がある。

 宮崎 恭輔國學院久我山)は強肩強打の大型捕手で、次世代を担う正捕手候補として成長を期待したい。元明治の善波達也監督の息子・善波 力慶應義塾)も守備力は高校生でも高いレベルがある。

 小川 尚人三重)も全国舞台を経験している好打者、廣瀬 隆太慶應義塾)は入学生ナンバーワンの長打力を誇る右の大型スラッガーで、守備力も高く、現在はサードで実力を磨いている。

 外野手では走攻守三拍子揃った外野手・齋藤 來音静岡)は速球投手にも強く、早くから戦力として期待できそう。吉川 海斗慶應義塾)は器用な打撃が光る好打者だ。

「Aチームの選手と遜色ないレベルを持った選手は何人かいる」と期待を込める新入生は1年生からデビューできるか注目したい。


関連記事
ドラフト候補集団・慶応大。今年は木澤、関根、佐藤、瀬戸西の4人に注目
オープン戦好調だった大卒ルーキーは?森下、郡司、宇草らの東京六大学、大学日本代表勢が一歩リード
慶應義塾大学野球部 大久保秀昭監督の捕手論「強さも上手さも『知る』ことから」【Vol.1】