活動再開の決定権は教育委員会。大阪の府立校野球部は再開が見えない現状

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.29

港と八尾

 4月18日開幕の予定で準備が進んでいる春季大阪府大会。各校が新型コロナウイルスへの対応で苦労されている中で、最善の準備を進めている。私立校は学校の意向で活動の制限ができるため、活動再開している学校も一部ではある。しかし、公立校は教育委員会の意向に決定権がゆだねられる。

 2018年の秋の大会で、府立校唯一のベスト8に進出したも活動は現在休止中。予定通り進めば4月8日より再開できることとなっている。練習試合に関しても11、12日に組んでいるが、それも今後次第となる。

 現在は主将を経由して選手たちへメッセージを送っている西原佑騎監督だが、1か月、選手たちとグラウンドで会えていない。活動再開の決定権は「行政の方々にかかっていますね」と語る西原監督。予定通り再開できれば理想だが、あくまで健康第一の方針だ。

 「命の方が大事ですし、生徒に何もなくても親や祖父母にかかってはいけないと思います。ですので、終息になるまではやらなくてもいいかなと思っています」

 また、同じ府立校で昨年のセンバツの近畿地区の21世紀枠推薦校に選ばれた八尾も3月中は活動中止。4月7日までは選手たちの自主性に任せて練習をさせているが、1か月間は全体練習ができていない。練習試合も4月11日、12日に予定をしており、大会前の貴重な試合となるが、この状況に大谷友哉部長も苦しんでいる。

 「教育委員会に決断をゆだねておりますし、指示がなければ動けないのでどうしようもないです。選手たちもいつ再開できるか保証がないので、不安があると思います」

 府立校の多くは、府の教育委員会の決断が下されるまで、活動再開の先行きが見えないこと。そして準備不足で公式戦に向かうことで不安ばかりが募っていく。

 今年はベスト16以上が夏のシード権を獲得できる例年とは違った大きな意味合いを持つ春季大阪府大会。どのような形で開催するのがベストなのか。それとも中止するのが最善なのか。どちらにしても、選手たちにとって大事な大会が納得出来る形になることを願うしかない。

(記事=編集部)

関連記事
ベンチ入りメンバー、ケガ、実戦感覚。夏のシードがかかる春季大阪大会は懸念材料が多い大会に
令和2年度 春季近畿地区高等学校野球大会 大阪府予選
大阪府大会の組み合わせが決定!大阪桐蔭、履正社の初戦の相手は?序盤から激戦のカードも

【関連記事】
東京の代替大会はどう開催されるのか? 東京都高校野球連盟・武井克時理事長に聞く 【ニュース - コラム】
「下手な大人よりも、よっぽど建設的な意見が出た」愛知の県立校発案から広がったオンライン愛知県選手会議 【ニュース - 高校野球関連】
第106回 高校球児に伝えたい! こんなときだからこそできること ピンチをチャンスに 自分に向き合う時間を作る 髙司譲さん(フィジカルファクトリー代表)【高校野球コラム】
第978回 記者は今、何を思う?30年以上、高校野球を取材してきた手束仁氏の手記「中止と決まった以上は...」【高校野球コラム】
第942回 令和最初の大阪大会は3回戦が最も盛り上がる!今から見逃せない要注目のブロック!【大会展望・総括コラム】
第583回 確かな「準備」と楽しむ心を忘れずに更なるステップアップを! 府立港(大阪)【後編】【野球部訪問】
第581回 府立勢唯一の大阪ベスト8!躍進の鍵は野球を楽しむこと! 府立港【前編】【野球部訪問】
大阪商大堺vs港【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
日本vs香港【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
比叡山vs近江【滋賀県 2018年春の大会 春季滋賀県大会】
浦和学院vs花咲徳栄【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
近江兄弟社vs綾羽【滋賀県 2018年春の大会 春季滋賀県大会】
港 【高校別データ】
八尾 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る