10月20日、秋季北信越大会は準決勝2試合が行われた。

 夏の甲子園準優勝の星稜佐久長聖が準決勝で対戦。星稜の攻撃陣が初回に4点を奪うなど猛攻を見せ、7回までで10得点。10対3で7回コールド勝ちで決勝への切符を手に入れた。

 準決勝のもう1試合は新潟1位の北越と石川2位の日本航空石川が対戦。7回終わるまで3対1の接戦だったが、日本航空石川が8回、9回に得点を重ね、9対1で勝利し、星稜との決勝に駒を進めた。

 決勝は21日に行われる予定だ。

■日程詳細・応援メッセージ
第141回 北信越地区高等学校野球大会

◇20日の試合結果

◇21日の試合予定