鈴木誠也は投手で活躍!大瀬良は今村に投げ勝ち甲子園! 広島主力選手の高校最後の夏を振り返る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.11

二松学舎大附時代の鈴木誠也

広島東洋カープ主力選手の高校最後の夏は?【ヒーローの高校最後の夏】

 8月11日時点でセ・リーグ3位につけ、セ・リーグ4連覇へ向けて負けられない戦いが続く広島東洋カープ。今や日本代表の常連となった菊池涼介、鈴木 誠也、2018年最多勝を獲得した大瀬良 大地らの高校最後の夏を振り返る。

【3名の高校最後の夏の戦績】

▼菊池涼介(武蔵工大二・2007年)※現・東京都市大塩尻
長野大会
1回戦 8対1 下諏訪向陽
2回戦 13対5 坂城
3回戦 11対1 松本第一
4回戦 3対7 地球環境

▼鈴木誠也(二松学舎大附・2012年)
東東京大会
3回戦 10対0 駒込
4回戦 11対4 日大豊山
5回戦 5対4 日大一
準々決勝 6対8 成立学園

▼大瀬良大地(長崎日大・2009年)
長崎大会1回戦 24対0 富江
2回戦 3対2 壱岐商
3回戦 5対0 大村
準々決勝 3対1 清峰
準決勝 3対2 瓊浦
決勝 7対4 創成館

選手権
1回戦 5対8 花巻東

 プロ入り2年目から昨季まで6年連続で二塁のゴールデングラブ賞を獲得している菊池だが、高校時代は目立った成績は残せなかった。現在の二塁ではなく、主に3番三塁としてチームを引っ張ったが、4回戦の地球環境戦に敗れ、甲子園出場はならなかった。

 今やカープの顔にまで成長した鈴木は、東京の二松学舎大附出身。高校時代には投手として活躍しており、高校最後の夏は全試合に5番投手として出場し、順調にベスト8まで勝ち上がる。しかし、谷岡 竜平(現・読売ジャイアンツ)を擁しこの夏の東東京大会を制した成立学園に準々決勝で敗れ、聖地に立つことはなかった。

 大瀬良は高校最後の夏、準々決勝で今はチームメイトの清峰今村 猛との投げ合いを制している。その後の準決勝、決勝も完投勝利で見事チームを甲子園に導いた。甲子園では初戦で花巻東と対戦し、打線が菊池 雄星(現・シアトルマリナーズ)から3本塁打5得点を挙げたが、花巻東打線に打ち込まれ、勝利はならなかった。

【応援メッセージ】
第101回全国高等学校野球選手権大会

関連記事はこちらから
「大進化をもたらした大学4年間」九州共立大・大瀬良大地投手
鈴木 誠也選手(二松学舎大附-広島東洋カープ)「高校時代の誠也に伝え続けたこと」【前編】
鈴木 誠也選手(二松学舎大附-広島東洋カープ)「苦い3年夏の経験を乗り越えて、プロ5年目を迎える誠也へ」【後編】
菊池涼介(広島東洋カープ)「菊池の大学4年間は勝負強いの一言に尽きる」

 
【関連記事】
高校の後輩は小園海斗!社会人3年目からプロを目指す走攻守3拍子揃った佐藤直樹(JR西日本)ドラフト候補になるまでに迫る! 【ニュース - インタビュー】
きっかけは鈴木誠也選手 スタッドソールスパイク「JAPAN SPEED」の開発秘話 アシックスジャパン河本勇真さん 【ニュース - パートナー情報】
第64回 今年の甲子園は奥川恭伸など好投手だけではない!甲子園で大活躍を見せた井上広大、藤田健斗、木下元秀の将来性に注目!【101回大会特集】
第61回 夏の甲子園、大阪勢としては初の連覇だが通算14回目の優勝は圧倒的 ~令和最初の優勝が履正社で、大阪勢の2強新時代を形成か~【101回大会特集】
第61回 2019夏・甲子園出場校応援曲ベストナイン【101回大会特集】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
第167回 九州共立大 大瀬良 大地 投手 「大進化をもたらした大学4年間」 【2013年インタビュー】
大阪桐蔭vsアーバンユースアカデミー【2011年春の大会 地域限定公式戦 交流戦】
東京都選抜vsアーバンユースアカデミー(2)【2011年春の大会 地域限定公式戦 交流戦】
日大二vs二松学舎大付【東京都 2010年秋の大会 秋季東京都高等学校野球大会本大会】
二松学舎大付vs片倉【東京都 2010年秋の大会 秋季東京都高等学校野球大会本大会】
大瀬良 大地(長崎日大) 【選手名鑑】
鈴木 誠也(都立東) 【選手名鑑】
鈴木 誠也(二松学舎大附) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
【選抜大会】読めばより楽しく見られる大会5日目の見所を紹介!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る