広島の高卒5年目・中村 奨成捕手(広陵出身)が開幕1軍へ向けて着々とアピールを続けている。

 25日の紅白戦でスタメン出場を果たすと、勝ち越しの一打を放つなど、存在感をアピール。開幕1軍入りに向けて、また1歩前進した。

 2017年の夏は甲子園で新記録となる1大会6本塁打を記録したことで、大きく注目を集めるようになった強打の捕手だが、プロ4年間を終えて1軍での通算2本塁打という結果。聖地を沸かせたような豪快な打撃の実力は、ほんの一部しか見せられていないのが現状だ。

 2017年の「清宮世代」では、ロッテ・安田 尚憲内野手(履正社出身)、日本ハム・清宮 幸太郎内野手(早稲田実業出身)、ヤクルト・村上 宗隆内野手(九州学院出身)と中村奨の4人が注目されたが、ここで同級生スラッガーと4年間の成績を見比べても、中村奨がここまで苦戦を強いられているのが見えてくる。

中村 奨成
43試合出場 打率.263(57打数15安打)
2本塁打 5打点 長打率.421 出塁率.354 OPS.775

清宮 幸太郎
230試合出場 打率.198(636打数126安打)
21本塁打 73打点 長打率.344 出塁率.284 OPS.626

安田 尚憲
245試合出場 打率.226(797打数180安打)
15本塁打 116打点 長打率.335 出塁率.320 OPS.655

村上 宗隆
412試合出場 打率.268(1447打数388安打)
104本塁打 296打点 長打率.540 出塁率.386 OPS.926

 村上は頭1つ抜けている結果だが、清宮と安田も含めて3人は高校時代のように上手くいっていない。清宮、そして安田はともに自主トレをして汗を流したが、今もなお打開すべくもがいている。

 中村奨も3人に遅れまいと実戦で結果を残してアピールを続けている。この調子で1軍の座をつかめるか。今後も活躍から目が離せない。

(記事:編集部)