終盤に一関修紅が水沢商業を突き放す

 5回まではお互いにヒットを重ねるが得点には至らずスコアボードに0が並んだ。
試合が動いたのは6回表、二死一、二塁から4番佐藤天衣(3年)のレフト前ヒットで先制。
5番茂庭秀平(3年)が四球を選び、6番佐藤正典(3年)の2点タイムリーでこの回一挙3点をあげた。

 7回裏、水沢商は5番佐藤章人(3年)のタイムリーで1点を返すが、8回表、一関修紅の4番佐藤が三塁ベース際を鋭くぬけるヒットで1点を取り返した。
 9回表にも1番森川洋介(3年)の犠牲フライや、4番佐藤、5番茂庭の連続ツーベースヒットなどで4点を加え一気に突き放した。

 9回裏、水沢商業は2番高橋 舜(3年)のセンターを越えるのスリーベースヒットで出塁。
 3番佐藤貴斗(3年)の内野ゴロの間に1点を返すのが精一杯だった。
 水沢商は11安打を放つも走塁ミスやあと1本が出ず得点をあげることができなかった。

(文=菊池 勝也)