第117回 福岡ソフトバンクホークス 内川 聖一 選手 (後編)2012年12月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 後編は、内川聖一選手のバッティング理論をたっぷり伺います。
 福岡ソフトバンクの主力打者・内川選手は、2008年、2011年に二度の首位打者に輝いていますが、初の首位打者を獲得した年の前年、これまでの野球人生でどん底を経験しています。その時に、内川選手を変えてくれたコーチからの言葉。また、その後の決意とは?

 後編も高校球児の皆さん、必見の内容です!

【目次】
[1]内川選手のバッティング理論が知りたい!
[2]内川選手が自分の形を作り上げた練習法
[3]内川選手を首位打者に導いたコーチからの言葉

【前編はこちらから!】
第116回 福岡ソフトバンクホークス 内川 聖一 選手 (前編)

内川選手のバッティング理論が知りたい!

――まずは、内川選手の体の開かないバッティングのポイントを教えてください。

福岡ソフトバンクホークス 内川聖一選手

内川 聖一選手(以下「内川」) よく指導者の方は、『ピッチャー寄りの肩を開くな』と教えます。右バッターなら左肩、左バッターなら右肩ですね。でも、僕はどちらかというと反対側の肩を出さなきゃいいと思っているんです。
 バッティングの理論って、人によっては、『ここで肘を入れろ』とか、『最短距離でバットを出せ』と言いますが、僕は打ちに行く時に、ピッチャーとは反対側の肩を動かないでバットを出すためにどうするかということを考えています。
 バットを持っていて、来たボールを打とうとする。その時にピッチャーとは反対側の肩を出さずに、芯で打つためにどうするかというと、肘が入ってくるんです。横から見ると、体の中に自然と肘が入ってくるんですね。
 僕は右バッターなので、右半身は、出ていく力がいるし、左半身は戻ってくる力がいります。そうすると、力のポイントは体の中心になりますよね。体を開かずに打つというのは、ちょうど(体の)中心で打ったものが、フォロースルーになって離れていくというイメージなんです。

――内川選手のフォームの中で、球を捕えるポイントというのは?

内川 僕が一番良いと思っているポイントは、左足の前で打つこと。ステップした左足のちょうど延長線で力が入っていくのが一番良いと思っています。
 どちらかというと、僕はそれよりも、前に出ないようにしようと思って打っているんですよね。よく右打ち上手いですねとか、90度広角に使って打ちますよねと周りから言われるのは、前に出ること、それこそ引き付けて打とうと思っているので、ちょっと詰まったあたりとか、右への当たりが多くなっているんじゃなかなと思いますね。

――真っ直ぐだけでなく、同じ意識で、変化球にも対応できるコツはありますか?

内川 みんなボール球を打とうとするんですよね。そうではなくて、僕はまずしっかり、『ここのポイントは、こういう打ち方をするんだ』という形を作ることのほうが先だと思うんです。
 インコースを俺はこうやって打ちたい、真ん中はこうやって打ちたい、アウトコースはこうやって打ちたいというのがありますよね。まずは、自分の打ちたいところに、ボールを入れてあげればいいんです。
 みんな来たボールに対して、一生懸命打ちに行こうとするから、ポイントが崩れてしまう。もちろん、相手ピッチャーも崩そうと思って投げてますから、ポイントが崩れてしまうことはあるんですけど、『自分がこういうふうに振るんだ』というところにボールを入れてくればいいんですよ。
 一生懸命、前で打とうとか、後ろで打とうとかするから、ボールによって操作される。それだと、自分が惑わされていくだけ。ようは、自分が打つゾーンって決まってるので、そこの範囲の中に入ってくるものを自分が気持ちよく振れるスイングの形のところに入れてあげればいい。つまり、逆の発想だと僕は思うんです。

【次のページ】 内川選手が自分の形を作り上げた練習法

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

内川 聖一
内川 聖一 (うちかわ・せいいち)
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • ポジション:外野手
  • 生年月日:1982年8月4日
  • 出身地:大分県
  • 身長体重:185cm・88kg
  • タイプ:右投右打
  • 経歴:大分工高 ー横浜ベイスターズ(2000〜2010)ー福岡ソフトバンクホークス(2011~)(
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第154回 1日でも長く活躍して欲しい。松田宣浩(中京出身)へ送った恩師のメッセージ【恩師が語るヒーローの高校時代】
第153回 高校生・松田宣浩(岐阜・中京出身)は熱男ではなかった?!恩師が語った意外な一面【恩師が語るヒーローの高校時代】
第152回 見た瞬間にプロになることを確信した。恩師が語る松田宣浩(岐阜・中京出身)の高校時代【恩師が語るヒーローの高校時代】
第13回 一度は諦めた野球。母の支えと恩師の激励で掴んだ夏の聖地 近田怜王さん(報徳学園出身)vol.3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第78回 150キロ右腕から強肩強打のスラッガーへ。福岡ソフトバンク・小林 珠維(東海大札幌出身)を変えさせた2年夏のベンチ外【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1116回 剛速球右腕・甲斐野央(福岡ソフトバンク)が振り返った激闘の1年目。2年目の目標達成のために掲げた3つの課題 【2020年インタビュー】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第949回 どの試合でも存在感を示す大分工の柱・今宮悠斗(大分工)! 9年ぶりの甲子園へ攻守で躍動するのみ! 【2019年インタビュー】
第909回 スパイクは「自分の身体を正しい方向に導くツール」 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【後編】 【2019年インタビュー】
大分工 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー