印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第103回 法政大学 畔上 翔 選手2012年07月22日

 昨夏の甲子園で優勝した日大三のキャプテン。高いバットコントロールで、ヒットを量産。独自のバッティング理論と、素振りの重要性を教えていただきました!

【目次】
[1]日本一のキャプテン論
[2]畔上が語る“素振り”の重要性
[3]自分の底辺に戻る方法を見つけよう

日本一のキャプテン論

”法政大学 畔上 翔選手”

――昨年の2011年夏の甲子園での日大三の勝ち上がりは見事でした。最後の大事な試合で、あれほどまでチームとして力を発揮できた理由はなんだと思いますか?

畔上翔選手(以下「畔上」) チーム全体できつい練習をやってきたという自信です。その一言。それしかないです。
 練習で自信をつけて、『俺ら、他のチームとはやってきたこと違うんだ』と自信つけて、最後の夏に向かう。大事な試合で力を発揮するには、それしかないですね

――畔上選手がキャプテンとして、チームメイトに伝えてきたことというのは?

「畔上」 僕は、チームが負けるというのがすごく嫌だったんです。1回も負けたくなかった。だから、僕がみんなに伝えたかったのは、負けることの責任。
 負けることが許されないんだぞって、ちょっと言い方がきついですけど。負けないためには、じゃあ何をすればいいんだ?って、そういう感覚で伝えてきました。

――チームメイトのみなさんも新チームが始まったときから、すでに畔上選手と同じ意識で取り組んでいたのでしょうか?

「畔上」 そうではなかったと思います。自分が一人で最初は突っ走ってました。よく他の記事なんか読むといいふうに書かれていることも多いのですが、実際はもっと独裁者みたいな感じでやってましたから(笑)自分でも言っていて、きつかったです。もともと、そういう性格じゃないですし、キャプテンをやるような人間じゃないと思っているので。
 だから、寝る前とかメチャメチャ考えてましたよ。今日こんなこと言っちゃったけど、大丈夫かな?って。そんなことばかり考えてましたね。

――それでも、練習では毎日チームメイトたちを集めて、チームが強くなるために厳しいことを伝え続けてきた畔上選手。なぜ、そこまでやろうと思われていたのでしょうか?

「畔上」 やっぱり優勝したかったんです。絶対、口には出さなかったんですけど。日本一になるって周りには言わなかったんですが、たぶんそれをずっと知ってるのは、いまのキャプテンの金子じゃないですかね。同じ部屋だったので、『日本一なりてー!』って部屋で口癖でよく言っていました。

――いま、改めて、キャプテンとして大事なことってどんなことだと思いますか?これから新キャプテンになる球児にアドバイスをお伺いできればと思います。

「畔上」 やっぱり自分がやることです。口じゃないですね、絶対。体で動いて、行動で示さなきゃ誰もついてきてはくれないです。

このページのトップへ

【次のページ】 畔上が語る“素振り”の重要性

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

高山 俊
畔上 翔
  • 生年月日:1993年5月20日
  • 出身地:東京都
  • 日大三―法政大
  • 2011年夏の甲子園では、キャプテンとしてチームを引っ張り、全国優勝を経験。
【関連記事】
第842回 2019年は戦力充実の東海大菅生がリード!日大三、帝京は捲土重来なるか?【東京都大会抽選前展望】【大会展望・総括コラム】
第869回 叩き上げの習志野っ子・飯塚脩人(習志野)!習志野のエースに相応しい実力を身に付ける! 【2019年インタビュー】
第74回 ドットコム編集部が選ぶ!2018年高校野球10大ニュース【高校野球コラム】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集】
第17回 2018年の人気試合記事ベスト5!今年もドラマが目白押し!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第857回 安心感ある守備で信頼を掴み、強い向上心で打撃が急成長!甲子園ベスト4捕手・佐藤英雄(日大三)! 【2018年インタビュー】
第22回 俳優・吉村卓也が紹介!ズバリ!!2019年に活躍が期待される1、2年生!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
第736回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
日大三 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー