第37回 株式会社講談社 水野圭さん 西川真之介さん2009年10月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

菊池雄星というスターが出現した今夏の甲子園。また中京大中京と日本文理が歴史に残る死闘をみせた決勝戦。今年の夏は甲子園が熱かった!
そんな高校野球を予選から甲子園大会まで、今までと違う角度からフォーカスした「検証甲子園2009」
第37回独占インタビューはその「検証甲子園2009」を企画立案した水野さんと西川さんです。甲子園を伝える側として、甲子園、高校野球をどう見られているのか、お話を伺ってきました。


株式会社講談社 水野圭さん 西川真之介さん インタビュー

スタッフ(以下「ス」) 野球部で過ごした高校時代を終えて、再び野球に携わる仕事をされていますが、今はどんな思いで高校野球を見ていますか?

水野さん(以下「水」) 何とも恥ずかしすぎる話ですけど、僕は高校時代、坊主になるのがイヤで野球を辞めたんです。で、当時は特に何も感じていなかったんですが、社会人になってからですかね、すごく後悔し始めたんです。あのとき3年間、夢中でやっておけばよかった、と。だから今、小学校、中学校時代に感じていたような高校野球への憧れ、みたいなものが甦ってきています。「みんなカッコいいなあ~、オレもこれくらいやってみたいな~」って感じで。だから『検証甲子園2009』は選手のみなさんに対していろいろな評価をしていますが、担当編集者の根っこには「みんな頑張れ! カッコいいぞ」という気持ちがあります。

西川さん(以下「西」) レベルが上がりましたね。いまは、エースが140km/h投げて当たり前。強豪校は、140km/h越えの投手を二枚以上揃えている。私の高校時代から10年以上経っていますが、当時の甲子園出場校は、今年出場した高校に一つも勝てないのではないでしょうか。

「ス」 再び高校野球に携わる仕事をするきっかけは? 

「西」 今年夏までの1年半、『週刊現代』で著者の小関順二さんに「野球よ、止まれ!」というコラムを連載していただきました。これはプロ野球を中心に取り上げたものでしたが、連載が終了することになり、「今度は高校野球をやりましょう」という話になったのです。

  

「水」 会社に入ってからずーっと週刊誌にいて、どちらかといえば硬めな社会問題を取り扱っていました。プロ野球の記事などもたまには作っていたんですが、いわゆる“週刊誌的”な角度で社会問題と結びつけたもの、また、あんまり言いたくありませんが、スキャンダラスなものも書いたことがあります。ところがこの6月、書籍の部署に異動になりまして、一番最初の企画会議で「高校野球の本が作りたい!」と提案したんですよ。そもそも出版社に入ったきっかけは、僕の趣味や興味のある事象を本にしたい、と考えていたからで、真っ先に出てきたのが「高校野球」だったんですね。 
 そこで声を掛けたのが、週刊誌時代の同僚の西川君だったわけです。

「ス」 改めて高校野球の良さってなんでしょう?

「西」 やっぱり、「負けたら終わり」ということに尽きるんじゃないでしょうか。10年以上も前になりますが、いまだに、最後の試合の緊張感は覚えています。
4000校以上が出場し、1校を除くすべての高校が負けて夏を終えるわけですからね。

「水」 僕はドロップアウトした人間だから、緊張感みたいなことは客観的にしかわからない。だけど、観戦者としていうならその儚さと、選手たちの未完成なところは魅力的ですね。

【次のページ】 株式会社講談社 水野圭さん 西川真之介さん(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

株式会社講談社 水野圭さん 西川真之介さん
株式会社講談社 水野圭さん 西川真之介さん
  • 2009年6月水野さん書籍の部署への異動
    同僚の西川さんに声をかけ、「高校野球」の本を作る事を決める。
  • 「検証甲子園2009」を制作。
  • 2009年10月5日より、書店にて「検証甲子園2009」好評発売中!


検証甲子園2009プレゼント
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー